1-34
煽りは勝者に快感を、敗者に屈辱を与えゲーム内における勝敗だけでは得られないものを受け取るポーカーでいうレイズ(上乗せ)みたいなものだと私は考えている。

私がメインでやってる格ゲーでは強いor勝ったプレイヤーが挑発・屈伸・死体蹴りなどをやってるのをたまに見かける

FPSやMOBAやスマブラなんかだと日常茶飯事なんで大事になることなんてまず無いんですが格ゲー界は沸点が低いというか怒りの対処の仕方を分かってないというか心が狭いというか、そんな器の小さな人達がとても多いのです。

私も若い頃はやったりやられたりで楽しんだり怒ったりもして、それも格ゲーの醍醐味の一つかなと捉えていましたが、最近は自己完結できずに晒しあげるようなことを目にあまる行為をする人が大変多いのです。

例としてこういうのがある。
中学生だかのラシード使いのサトル君がちょっと茶目っ気を出して可愛い屈伸をしてるだけなのに大人達が寄ってたかって酷い言葉を投げつけてる
いい歳した大人がやることかなーと見てて悲しくなったよ

試合の内容に関して怒ったりムカついたりすることはあってもそれはその場、ゲーム内で完結させて甘んじて受け入れるべきだと私は思う。だって負けたんだから悔しさを味わうのは当然のこと。「チクショー!!次はゼッテー倒す」とか自分を鼓舞させるように心掛けると良いと思う。

百歩譲ってゲーム外に持ち出すんだとしても、本人に直接言えば良いのにね(いじめは出来ても直接対決する勇気はないのかなって思っちゃう)
「さっきは舐めたことしてくれたな?たまたま引いたからっていい気になるなよ?俺の方が絶対強いから改めて勝負しろ!」とか言って分からせに行くのが格ゲー文化の一つにあるからこれを実践してほしい

あくまでもここまでは私個人の意見だから強制とかはもちろんしないけどさ、少しだけ考えてみて欲しい
たいして面白くもない「ムカつくことする奴いたんで集団で個人攻撃しましょう!」みたいな品位に欠ける動画や文なんて見てても気分悪くするだけでしょう?

しかも「自分は晒し行為でイジメしてまーす。みんなでイジメよー!」みたいなことをすると、その人自身の評価も落ちるからね。
「良い人、面白いだと思ってたのにがっかり」ということになっちゃうから私はそういうことはしないよ。

つまり晒した人も損するし、それを見た人も損して誰も得してないし幸せになってないんだ。結果として晒した人が色んなものを失って少し溜飲を下げるだけ。

発端となってる煽り行為だけど、こんなんスト2(1991年発売)の時代から続いてる文化なのだから負けないようにすれば良いだけなんだよ。それに煽る人って全ての人相手にやってるわけじゃないと思うんだ。煽られる側に原因がある可能性が高い。気付かないうちに相手の逆鱗に触れてることだってあるんだよ。ゲーム外での無礼な発言、クソキャラ使ってる、俺の飛びを対空しやがった、ふざけた読み合いを仕掛けたとか本当に色々あると思う。それにクリップだけだと分からないものもあるよ。動画になってない部分の試合で晒してる人が実は先に煽ってたとか。一部分だけを見てこいつはクソだとか外野も安易に判断しちゃいけない。

どんな理由があっても勝てば煽るチャンスなんて与えないで済むから、そこで私は強くなろうって思う。

ワンピースのとあるキャラのセリフで「弱いやつは死に方も選べねえ」というものがあるんだけど、まさにこれ。悔しさ呑み込んで強くなれと。晒しやいじめなんていう低俗な行為に手を染めるのは三流のすること。

晒されてしまったら?
ノーアクションでいいよ。晒す人の心理構造として鬱憤ばらしをしたいか、これをきっかけに絡んでほしい、周りを使っていじめたいだけなのが大半だから相手にするだけ無駄。被害に遭うと気にしすぎちゃう人もいるけど負け犬の遠吠えと思ってスルーしてあげることで格の違いをみせつけてあげましょう。だって弱かったり格下の人を晒し上げたりしないでしょう?
「まともに勝負すると勝てないほど差があるから僕にできることは晒すことだけなんだー」っていう人の気持ちを少しだけ理解してあげて優しい目で見守ってあげましょう。

最後に
サトルくんをあまり責めないでやってほしい
まだ中学生なんだから(本当かしらんけど)
サトルくんも格ゲー始めた時は純粋無垢な綺麗なゲーマーだっただろうに。きっと、どこかのつえー格ゲーマーに心が折れるような酷い負け方をして闇に染まってしまったんだよ(まあボコボコにしたのは私なんですが)

同じ悔しさを他のやつにも味合わせられるぐらい自分も気持ち良くなってやろう!という気持ちで彼は0.04%しか存在しないアルマスの高みへと至ったのだから悔しさをバネに強くなった努力は評価してあげたい。


※記事TOP画像のコマは私のイチオシ格ゲー漫画「いつかみのれば」のものです。面白いんでオススメです。