qwe
サムスピが120FPS表示対応ゲームとして発売される嬉しい告知が流れてきた一方で大きな問題が。Xbox Series S|X専用アケコンが現状無いのです・・・

厳密には無いわけではない。発売予定に1つだけある。

◆オフィシャルコントローラー

・Fighting Stick α for Xbox Series X|S

qwe
今冬発売予定。予想価格2万円。

2月に発売すればサムスピに間に合うだろうけど、未だに発売日が告知されていないので果たしてどうなるか?延期かもしれない。

米Amazonでは予約購入できるのでこちらの選択肢もありかも。


このアケコンを待つ以外にもアケコンで遊ぶ手段というか選択肢は存在する。(本題)


◆XboxOne向けアケコンを使おう

Razer Atrox、TE2、RAP、HitboxなどXboxOne向けアケコンは過去に幾つか販売されていた。互換によりXbox Series S|Xでも動作するので、この辺のコントローラーを中古市場で探すのもありだろう。新品はまず無い。


◆コンバーター

体感できない程度の微小な遅延が発生するが変換器を使えば手持ちのアケコンをXbox Series S|Xで使うことが出来る。幾つか種類があるが安定して動作できるBrook製品をオススメしておく。


・Brook Wingman XB

Xbox360やPS2、PS3やPS4やSwitchなどあらゆるハードのコントローラーをXbox Series S|X向けに動作できるようにしてくれる。

アケコンの半額以下で済むのでライトに遊ぶならこれで充分。


◆UFB搭載アケコンを作るか買うか

UFBってなんぞって人に簡単に説明すると、ほとんどのゲームのハードに対応したコントローラーの基板である。

自作向けに基板のまま剥き出しで販売されており、これをベースに作る人、または作った人が店先に並べている。


通称UFB。PS3/PS4/PC/Xbox Series S|Xに対応し、Xbox360やXboxOneやSwitchにまで対応したマルチ基板。最速のレスポンスを誇ることからゼロ遅延を体現した基板として名高い。

基板メーカーのBrookと、台湾のアケコンメーカー公館のコラボレーションモデル。基板にはUFB、レバーとボタンは三和製。非ライセンス品。※こちらのリンクからオーダーメイドも可能。


受注生産で制作・販売されてるアクリルベースのアケコン。通常のアケコンに近いものからHitboxタイプに基板選択まで希望の形でオーダーできる。


独自開発のボタンにキーボード用のキースイッチを組み込まれたHitboxタイプのアケコン。ボディを極限まで薄くし最薄でコンパクトな作りを実現。基板にはBrookUFBが使われている。


余談 魔王さんはどうするのか?

UFB搭載Hitboxは手放してしまったのでこの手は使えないが
UFBで作ったノーマルタイプのアケコンは持ってるのでこれを使うか
Hitbox(WFBベース)+Brook Wingman XBのコンボでの運用かなーと

サムスピは買います。やり込むかは分からんが中級者の領域ぐらいには仕上げてみたいですねー。