qwrqw
半年ぐらい前からちょっとずつ違和感が出てきて騙し騙し使ってきたのだが、遂に買い替えを検討せねばならぬところまで来た。


いつ買ったやつだったかなーと調べたら5年前でした。当時は電気を使わないゲーミングデバイスが流行る前だったのでゲーミングチェアは価格が高いことも合わせてハードルの高いものだった気がします。


コンシューマーゲームが大好きなので、買ってから毎日のように使っていました。5年も保ってくれたなら充分かなという気持ちです。

具体的にどこが壊れたのかという、アームレストです。
asas
ここのレザーがピタッと本来なら締まっていて、触り心地のよいものになってるんですが、年季が入ったためか、ほつれヒビ割れのような状態から完全分離してしまいました。
この状態で座ると腕が削られて痛いんです。
20200929_143252
布カバーみたいなのを自作できればしてごまかして使えるかなー?という気がしないでもないんですが、裁縫スキルはないのでこの手は諦める。
20200929_143257
接着剤で押さえつけても、ちょっと接着力足らずなのでテープで誤魔化していましたが、見栄えも悪く肌触りも最悪なので買い替えを検討。

Amazonで軽く調べたんですが、聞いたこともないメーカーが山のように参戦してて価格競争により、今はすごく安く1~2万で買えるみたいです。(私が購入した当時は3万。これでも安い部類でした)
あまりにも選択肢が多いので、悩み悩んで数日・・・

ふと思いつく。

壊れた部分だけ取り外すのはどうだろうか?
アームレストはなくても椅子としては機能するし、他の部分はまだまだいけそうな気がする!

ということでひっくり返してみると・・・・
20200929_143322
複雑な分解をしないでもアーム部分だけ簡単に外せそう。
20200929_144227
六角で8本のボルトを取ると・・・分離完了!
ちなみにアーム部分だけでも中々の重さです。取り外してから持ち運ぶのがかなり楽になりました。

20200929_144254
見た目はスッキリ。しかし、実際に座ってみると、違和感がすごい(笑)

いやだって、あったはずの肘置き場がなくなるから、キーボードやペン作業してるとき以外、手の置き場に困る。ベガ立ちのごとく、腕組みするか、首の後に組んでダラーとするか、女性面接者風におへその前で両手を重ねるかの3択。脱力させて腕をだらーっと下に伸ばすのは疲労が貯まるからなし。机に肘を立てるのはモニターと近くなるからあまりやりたくないムーブ。

立ち上がるときなんか、ありもしないアームレストを押す気持ちで腕にぐっと力を入れる癖が出てしまい空振ります。

これはもはや翼を失った鳥も同然・・・

まあでも昔、アームレストなしの椅子を使ってたときを思い出してけば、すぐに慣れるんじゃないかなと。

ちなみに、外したメリットとしては、椅子の高さマックスにしてるとき、机の天井に干渉して仕舞えなかったのが改善されたのと、あぐらをかいて座りやすくなった点かな。

メリットがあるとはいえ、やっぱり肘置きはあったほうがいいなーと感じました。
肘置き完全版>>肘置きなし>>>>>>>>>ひび割れチェアー
ランク付けをすると、こんな具合。

一時的な対策としてはありですが、最高の座り心地には程遠い。

ひとまずこれで我慢して、タイムセール放出か、新製品が出るタイミングで新しいのを買おうと思いました。

qwe

GTRACING ゲーミングチェア オフィスチェア