maxresdefault
噛み過ぎて味の無くなったガムみたいになりつつあったストVに変革をもたらしてくれたギルの魅力を紹介。

・実は簡単なギル
なにが簡単かってヒット確認しやすい通常技が多く、また使う必殺技の9割は波動コマンドなのでコンボ完走はベリーイージーです。唯一昇竜コマンドのニードロップは立ち回りのアクセントでたまに使う程度なのであまり気にしなくていい。

・攻めパターンが実は簡単
遠くで氷弾だして一緒に突っ込むだけ。もしくは弾打ちと先端タックルで近づけないようにする。または密着の立中Pと立弱Kで有利からの連携で攻める。

・全距離でやれることがある。
退屈することがないキャラです。ガン待ちで寒く戦ってる相手に付き合わなくて済むのもグッド。

・弾打ちが楽しい
ノーゲージで出せる波動コマンドの弾だけでも6種類。EXやトリガーも含めれば18種もの弾を使い分けて出せるのでサガット以上の弾打ちを楽しめていいぞ!

・ゲームシステムに干渉する2F発生ブロッキング
リュウやアレクももってるブロッキングですが、彼らのとは違い相手に硬直を与える性質を持つギルのブロッキングはコパン起き攻めにさえ大きなリスクを与えることが出来ます。防御システムが弱いとか嘆いてる人にはぜひ使って欲しい。

・屈指の防御性能
しゃがみで出せる3Fコパン、2種のアーマー技、まあまあ下がってくれるバクステ、そして驚異の2F発生のブロッキング。
ブロッキングのおかげでノーゲージで常時、圧力をかけれるので、相手の起き攻めや連携が優しくなります。露骨なバックジャンプ逃げなんかも効果的に機能しやすくなり、防御の時間が楽しくなります。

・セオリーの通じぬブロッキング割り込み
2F発生なので、理論上1F隙間の連携を組めば潰せなくはないんですが、このゲームではそれがなかなか難しい。起き攻め時も+2~3F取れれば上等といわれてるなかで重ねに行くのがセオリーなので、ほぼ全てにブロッキングのチャンスがある。打撃パワハラに常時対抗できるのは大きな強みです。

・弾キャラに苦労しない
遠距離でシコシコと弾打ちされるのがつまらないこのゲームですが、全てブロで取ればVゲージがもりもりたまり、相手が勝手に近づいてきてくれます。

・テンプレ連携、嫌がら連携がご褒美に
中パン中パン中パンとか立コア歩き立ちコア歩き立ちコアとか
何も考えないで使うしょーもない鬼強連携もブロで取ればヒジからフルコンルートへ。
ゲージさえあれば通常キャラでも対処できますが、ノーゲージで気持ちよく脳死プレイマンを処刑できるのがギルだけ。

・対空が強い
真上、近め、遠め、全ての距離に対して答えがあり、そしてリターンも取れる。
またブロッキング対空による全方位対処もロマンが溢れて楽しい。

・難しいのではなく気持ち良い反属性コンボ
反属性がややこしいから難しいというイメージが先行してるのですが、あまり難しく考えずに2~3パターン覚えるだけで充分に戦えます。反属性が起きるときのエフェクトと追撃は気持ち良いので、難しいのではなく気持ち良いコンボとして練習するとすぐに習得できる気がします。

・爆発力がすごい反属性コンボ
端で立中Pがカウンターヒットしようものなら、1ゲージでスタン600コンボが狙えてしまいます。反属性コンボによりコンボ火力は、普通のキャラのVトリガーコンボ並に上昇するので、Vトリガーを発動していなくても圧のある攻めを展開することが出来ます。

・表裏も火力も強い2ゲージVトリガー
VT1もVT2も標準帯域を超えた強さなのでどちらを選んでも楽しく強いです。

・仕込みなどテクニックを使えるのが楽しい
どのキャラでも仕込みは色々あるんですが、リターンに直結しにくいものが多く、決めてもあまり気持ち良くなれないんですがギルは違う。仕込み成功時は軽く300ダメージを叩き出せるのでやり甲斐があります。

・予想と反応を楽しめ表裏も無効化するブロッキング
理論上、投げ以外のすべての技はブロッキングで取れるので、バイソンのダッシュストレートなどの高速突進技もきれいに対処することが出来ます。
また、しょうもない系代表の着地表裏などもコマンドいらずのワンボタンブロで取れるので、相手の攻め継続を途絶えさせることが出来ます。

・実はローリスクなブロッキング
コーリンとか見てればよく分かると思うんですが、当身の硬直って狩りにくいんですよね。リバサ通常技暴れかな?当身擦りかな?って色々と予想しながら少し遠いところで待つのがデフォなので。
クラカンなんて取れなくて、よくて大攻撃>必殺技とか足払い一発とか。重ねで潰そうとしても下段の強いキャラってほとんどいないので、弱弱コンボでカスみたいなダメージしか取れなかったりと、出し得感がすごい!