20200609_200409
節約や天板アクリルの使用感目的で、PS3/Xbox360向けに出た刃を使ってる人向け。

Brook基板か、テキトーなコントローラー基板を使ってPS4向けに改造した人が多い?と思うのですが、改造時に元から付いてるLEDバーを死なせてしまった(使えない状態)にしてしまったことでしょう。

取り付けるとなったら大変なLEDですが、元からあるなら配線すればいいだけなので、頑張って蘇らせていきましょう。

〈準備編〉

まず必要なものを揃えましょう。

・ファイティングエッジ刃 PS3用かXbox360用 ※PS4版は鉄板になってるので不可

・配線コード

・ファストン端子

上で2つ紹介してるのは、この作業だけを考えるんだったら安くて少ない方でよし。基板組み込みとか他の作業を考えるんだったら量のある方をって感じです。

ユニバーサル基板ブレッドボード (1つあればOK.)
・グルーガンか瞬間接着剤

あとは、ペンチやハサミなど100円ショップで買える小物と、穴あけ加工に必要なドリルかリーマーを用意。

〈作業編〉
裏蓋とサイドパネルを外します。上から見えるネジ穴を全部ドライバーで外すだけなので簡単です。

配線を見ていきましょう。PS3版はシンプルなのですが、Xbox360版だとポート番号用のLEDが仕込まれてるのでちょっと複雑になります。
20200609_201553
Xbox版は左の2本がボタン用の配線で、ほかはコントローラーポート番号用LEDなので、必要なとこだけ残してカット。
20200608_012416
ホームボタンの無いサイドはシンプル。LEDの線三本を内側に持ってきましょう。
20200608_012450
ホームボタン側はLED線3本とホームボタン用の2本をもってくる。
3本のLED線は、手前から青、OUT、赤の順で並んでました。
LED線はちょっと短めなので、右か左、どちらかは継ぎ足ししないとブレッドボード上でのハンダ作業が難しいかもしれません。
20200608_015332
3路スイッチをセットする穴はドリルなどで開けましょう。天板に付けてもいいですが、オススメやケーブル収納口の隣のスペース。筐体内部に障害物が無い位置なので薄壁一枚に穴を開けるだけで済みます。
20200608_015304
ちょっときつめですが、アケコン用のファストン端子でも押し込めば入りました。
20200608_020626
穴あけ加工した刃にセット。
20200609_175932
基板上にある電源(5VかVCCと書かれてるところ)と、それの近くにあるGNDを探して20200609_185645
ハンダつけします。
20200609_191230
ここまで作ってきた配線を集め、ブレッドボード上で回路を組み上げていきます。
ブレッドボードのうらは金属になってるのでハンダが乗りやすく、そこで線をつなぎ合わせていけます。
20200609_191238

最終的に以下のようになればOK。
1222
オレンジが左のバー、緑が右のバー。●は線が合流してるのを表しています。合流させずにバラバラに繋げても良いですが、そこはお好みで。

上記のように組むとスイッチの切り替えで赤と青のLED点灯、そしてOFFの3種類を選べます。

動作テストして光らなかったらどっかの配線が繋がってなかったり、逆になってる可能性があります。
やり直しは大変なので確認してからハンダ付けするのがおすすめです。

左は青、右は赤なんていう組み合わせで光らせることもできます。ギル使いだったら・・・やってたかもしれない。

青だけ、または赤だけでいいやって人はこんな感じで簡易化できます。(抵抗が載ってますが、保険の意味合いで使ってただけなので、多分不要です。)
r2
スイッチも2回路用のを使わなくていいのでオシャレなのを選んだりしてもいいかもしれません。

で、光らせてみると、とりあえず2色とも動作した。(赤は撮り忘れた)
20200609_194231
しかし光量が明らかに弱い・・・
焼ききれないように、とりあえず手持ちの100Ω抵抗をスイッチの前に入れて動作確認してたんですが、大きすぎたか?
半分の50Ω抵抗ぐらいにしたほうがいいかな?もしかしたら抵抗要らないかもと思い抵抗を取って、抵抗なしで組んでみると
20200609_200409
それはそれはもう明るい。横対戦だったら相手にかなりのプレッシャーを与えられそうです。
ただ、レッドにしたときに接続が切れる不具合に見舞われて、どっかで配線が狂ったかなと、一度赤の部分だけ取ってやり直してみたのですが・・・治らない・・・切断不具合は消えたけど、赤が一切つかなくなってしまった。もしかしたら赤の方にだけ抵抗必要だったんかな?

でもまあ、青は元気に光ってくれて10分放置しても焼き切れたりホッカホカになったりしなかったので、結果オーライということにしとこう。赤は目に優しくないから、あまり使うこともなかっただろうしと強がっておこう。

半分失敗しましたが、こんな感じでLEDバーのスイッチ化はできます。
中々手間がかかりますが、愛着持って長く使うことが出来るのでやる価値はあり。

今回はLEDバーでやりましたが、ボタンでも原理的には同じです。
詳しくまとめてくれてる人が既にいるので、ボタン光らせたい人はこちらを参考にしていきましょう。

実は4年ほど前に、同じことをやってたんですがやり方をしっかりまとめるのを忘れてました。

先日、ツイッターで聞かれて、記事見ろよと返答⇛見てもやり方が・・・・⇛たしかにないね⇛書いてよ、という流れがありました。読者サービス精神旺盛なのでリクエストには応えていく管理人です。

古い刃は良いですよー。中古が安く手に入るし、絵を入れるカスタムも出来るし、手触りの良いアクリル。そしてLEDバーによるオシャレ感。PS5が出ても使っていきたいですねー