2019-07-11 21.45.55
キャプチャーボードの意味を知らないひとのために解説すると、ゲームやレコーダーの映像をPC上で取り込む物理ツールの総称です。高いものだと3~5万、安いものでも3000円ぐらいはするのですが、それがなんと500円!?で買えたので性能を調査していきます。


フラフラと寄ったお店だったので店名は忘れちゃったんですが、まんだらけの裏側に合ったと思うのでマップ的にはこの辺。
qweqwe

元々はPSP向けの製品なのですが、パッケージを見る限り他のにも使えそうだなと思って買ってみました。
41uncGuf-GL
ちなみに私は初代のPSPしかもってないので、画面出力機能のある2000/3000番台でのテストはできないのであしからず。
2019-07-11 21.46.04
システム要件を観ると、今どきのPCなら超低スペックのものでも使えますよといった感じ。
USBポートが1つでもあればOKです。Macは多分無理。
2019-07-11 21.49.03
端子変換ケーブルが同梱されています。Avermediaのキャプボにも流用できそう。
コンポジットとS端子はVHS用で、PSPはコンポーネントのみに対応しています。
2019-07-11 21.49.28
なんとPSPのキャプチャキットを名乗るだけあって、PSP専用のコンポーネントケーブルが同梱されています。これだけで500円(メーカー品なら3000円)ぐらいの価値があるのでもとは取った感じがしますね。
500円でPSPの取り込み環境が整うのは凄いことですよ。全盛期なら1万円ぐらい機材投資が必要でしたから。
2019-07-11 21.51.45
ドライバ&ソフトが収録されているディスクをみて懐かしい気持ちに。
手のひらサイズの8センチCDです!今どきの10代の子はまず知らないでしょうね。
使われなくなって久しい規格ですが大体のドライブには今でも対応してるので、最近買い替えた私のPCでも読み込めました。
we3
キャプチャキットを繋げる前にディスクからドライバーをインストールしましょう。昔のソフトなだけあってドライバーインストール後に再起動を要求してくるあたりまた懐かしさを感じます。
honestech VHS to DVD 2.0 SEが取り込み映像を表示しながら録画するソフトで、Blaze Video Magicは動画を変換するソフトです。昔はサイトごとにアップロードできるサイズや動画形式の問題があったため、それを見越した選定でしょう。
両方ともシリアルコードを要求されるソフトですが、コードは同梱されており、ソフトも日本語対応しているので安心です。
2019-07-11 21.50.24
こんな感じでUSBユニットに変換ケーブルをつなげ、そこにゲームからの映像出力ケーブルを繋げる感じです。
さて性能調査の1項目としてPSP以外でも使えるかを調べていきます。
PS4やSwitchはHDMIしか使えないので論外。どうしても使いたければダウンスキャンコンバータがいります。
ここで調べるのはPS2です。ぶっちゃけPS2がいければPS3やWiiもいけます。
コンポーネントで試していきますが、コンポジット(3色ケーブル)でやればスーファミや64などの取り込みもできそうですね。
2019-07-11 21.58.11
各種機器を繋げて準備完了。順番としてケーブル接続⇨ゲーム起動⇨PCでソフト(honestech VHS to DVD 2.0 SE)を起動がセオリーです。
eq11a
最初映らなくてサポート外OSのWin10だから駄目か・・・と思ったのですが
e11b
入力ソース切り替えで事なきを得ました。PS2いけます!

ソフトは結構多機能で感心してたんですが、この映像表示してる窓が小さい(笑)
ソフトのウィンドウを拡大することもできない。録画やカット編集を主にやる分には良いがプレイや配信にはかなり厳しい。

なので性能調査その2、他のソフトでの取り込みに挑戦。
結果としては出来た。AVerMedia RECentral 4だと無理だったがOBSなら可能でした。
ee14
PS2のコンポジット、コンポーネント、どちらからでも取り込み表示はできたのですが、肝心のキャプチャキット側での設定切り替えがやや面倒で最初つまずきました。
まずデフォ状態ではコンポジット出力になっています。これを切り替えなしでコンポーネント接続しOBSで取り込もうとすると表示されません。

そして切り替える方法が付属ソフトhonestech VHS to DVD 2.0 SEの、ビデオ設定⇨入力ソース切り替え⇨切り替え完了後ソフト終了⇨他の取り込みソフト起動という手順を踏む必要があるみたいでした。
これに気づかないと不良品と勘違いしてしまいそうですね。切り替え自体は頻繁にやるものではないのですがマニュアルには書いてない方法だったので手こずりました。
8574
OBSや他のレコーディングソフトで取り込めるのがわかったらもう配信や実況録画用としても使えるので重宝できそうです。
遅延は体感できないぐらい少ないのでこの取り込み画面みながらのプレイも余裕で出来そうです。
画質はコンポーネントなのでそこそこキレイ。コンポーネント使えないハードでもS端子で接続すればキレイに取り込めるでしょう。

付属ソフトはもう何世代も前のものなので正直使い物にならないんですが、肝心のそれ以外の部分は結構便利に使えそうなので良い買い物でした。

Amazonで同等の機能のキャプチャボードを探すとこれですからね

しかもこちらにはPSP用のケーブルや、コンポーネント変換機能はなし・・・・。
ただ、付属ソフトのLightCaptureは結構使いやすい。
honestech VHS to DVD 2.0 SEも、VHSの取り込みではそこそこ使えそうな気はするんですが、ゲームにはちょっと不向きかなといったところ。

まあでも結局両方使わずに普通にOBSとかで録画したほうがラクなので付属ソフトの有無や性能差はあまり関係なし。肝心のキャプチャボードがどこまでやれるかが大事なのです。

HDMI全盛期の今、持つ意味はあまりないようなの気もしますが、家族や知り合いにVHSの変換を頼まれたときや、レトロハードの取り込みをしたいときなどに使えるよう一個は持っておいていいかなというツールでした。
手頃な値段なので配信や実況趣味の友達なんかにプレゼントで贈るのもありですね。500円は本当に安い。

PS2 & PS1 専用 HDMIコンバータ HDTV Cable for PS2/ PS1 - Hyperkin [SRPJ2140]
SRPJ(SRPJ) (2019-03-17)
売り上げランキング: 5,737