img01
遂に解禁されたDocomoの公式SIMロック解除サービス。
前々から3000円で受け付けてはいたものの、ドコモショップに行ったり、中古入手したものは駄目だったりと縛りが多かったが、2月20日よりWeb申し込みからでも可能となり、中古端末も対象となったので自由度がかなり上がったと言えよう。



肝心の解除方法を実践を踏まえつつ解説していく。

今回解除を試みるのはXperia Tablet Z4 SO-05Gだ。
hero
タブレットではあるがVoLTE通話にも対応してるハイスペックな逸品である。

SIMロック解除申し込みに必要なのは、各端末に割り振られている製造番号(IMEI)だ。
これを確認するには以下の方法がある。
・元箱のラベル、端末裏あるいは添付されている製造番号シールを確認する。
・電池が交換できるモデルの場合は電池を外したところにあるラベルを見る。
・Xperia等ではSIMトレーのところに引っ張って取り出し製造番号を確認できる。
・本体設定⇛端末情報⇛IMEIから確認するのが一般的。
2019-02-20 08.54.22

これをメモしておこう。

解除手続きのために、まずはMy docomoにアクセス

Docomo IDが必要になる。ドコモ回線を持ってなくても無料で作れるので持ってない方はここで作っておこう。
123
ログイン後、ホーム⇛契約内容・手続き⇛ドコモオンライン手続き⇛SIMロック解除でページを移動していく。
123124
製造番号を入力してページ案内に従って進めていけば解除コードが発行される。
123123
このページを印刷やメモ、キャプチャするなりしてもいいが、My docomo ID登録時のメールアドレスにしっかり控えを送ってもらえるのでうっかりページを閉じてしまっても大丈夫。

次に端末に他社製のSIM。auやソフトバンク、YモバイルやUQモバイルなどのSIMを刺してみよう。
SIMを挿入後、再起動をするとロック解除番号を入れる画面が現れる。
2019-02-20 09.10.45
ここに先程入手したSIMロック解除コードを入力すれば作業は終わりだ。入力ミスは5回まで?しか許されていないので、入力ミスにだけは気をつけておこう。
2019-02-20 09.10.53
解除後は他社製のSIMでも電波がつながるようになり通話やデータ通信が可能となる。
2019-02-20 09.12.03
SIMに応じた各社のAPN情報を登録するのは忘れないようにしておこう。

DocomoIDを作るのだけひと手間かかるが、有料サービスの無料化解禁&Web申し込み可能になったのは素直に嬉しいところなので、これから中古でDocomo端末を買うときにSIMロック解除の有無や自分の使うSIMとの相性を気にしないで済むようになったので気軽に買い替えが行えるようになりました。