2019-01-31 10.08.50
本日Horiから発売した新製品のパッドが早速届いたので使用感などを。

今回購入したのはHoriから出た「ワイヤレスコントローラーライト for PlayStation 4」

以前レビューしたワイヤードコントローラーのマイナーチェンジモデルかと思いきや、思ってたよりも違うところが多かったです。


まずは外観から見ていきましょう。
パッケージ内にはコントローラー本体と説明書だけ。ケーブルは付属していません。
2019-01-31 10.09.35
今回はクリアレッドを選んでみましたがブラックモデルもあります
タッチパッドボタンに加え、ライトバーを兼ねたタッチパッドモードボタンがある他は純正パッドに近いボタン・スティック配置になっています
2019-01-31 10.09.44
ワイヤードコントローラーのときは下部にあるR2とL2が少し大きく作られていましたが今回はL1とR1のほうが大きくなっています。
純正コンとは違いL2/R2がトリガー式ではなくクリック式なので連射や弾き入力に対しての耐性は強く長持ちすることでしょう。
2019-01-31 10.09.58
裏面にはグリップ加工が施されており安定した動作につながる工夫がされている
2019-01-31 10.43.05
一番良いなと思った点はここです。
スティックの指に接する部分がしっかりとコーティング加工されています!
前回のワイヤードコントローラーではここが剥き出しで正直触るだけで痛い仕様だったんですが、しっかり改善してきてくれて嬉しい。それでもまだ純正コンより僅かに固めですが、及第点には届いた感じがします。

外観の感想は程々に、実践編へ

まずケーブルが付属していないのでmicroUSB形式のケーブルを用意しましょう。PS4の純正コンと同じなので持ってない人はいないでしょう。

次に既に接続済みのコントローラー(アケコンでもDS4など)で
ホーム画面⇛設定⇛周辺機器⇛Bluetooth機器を選択。

充電済みのワイヤレスコントローラーライトをペアリングモードにします。
5秒間シェアボタン+ライトバーボタンを同時押しすればOK。
2019-01-31 10.15.01
するとリストに現れるので別コンで選んでペアリング設定を完了させます。

一度ペアリングさせたあとは本体・コントローラーどちらの電源を落としても設定がしっかり残るのでワイヤレスコントローラーライトのPSボタンを押すだけで再ペアリングや、電源ONなどの操作ができます。

ここまで見ていくと一見、なんの欠点もないように見えるのですが、実はこのコントローラー。
”ワイヤレス接続のみ”にしか対応しておらず”有線接続には非対応”なんです。

ペアリングの操作も毎回同時押し操作で設定画面から行う必要があり、純正DS4みたいにUSBケーブルで指してホームボタンを押すだけなんて手軽にはできないんです。

欠点らしい欠点はこの点だけです。
自分の家だけで同じ本体を対象にしてずっと使う人は困らないでしょう。ただし、格ゲーなどのオフ対戦会で頻繁に交代台を使う人なんかには結構厄介な仕様となるでしょう。
一応USBケーブルを接続する端子はついてるんですが、充電機能のみのサポートのようでケーブルを通じたペアリングには非対応な点にだけ注意が必要です。

SONY純正のDS4以外で初めて出ることとなったBluetooth対応のコントローラーということで個人的な注目度は高かったんですが、値段相応といった評価に落ち着きそうです。
最後の欠点だけなければ文句なしだったんですがアップデートなどで対応してくれないものだろうか。
キャプチャ
ちなみにPCにぶっ刺した場合は普通に使える。それも有線接続で。
え~、こっちではできちゃうんか!
もしや・・・・
2019-01-31 11.09.15
スマホ(Android)でペアリングして使えたー!ちゃんと操作できます。

PS4以外でも使える点を考慮すると高評価になるかも。