61NPjZqW-SL._SL1024_
ニンテンドーSwitch購入時に同梱されてる充電台というかドックなんですが、これの前面部分要らなくない?ということでパージします。


2018-11-11 20.23.08
これがあるせいでSwitch本体を差し込みにくくなって、画面とドックが干渉しあって傷ついたりするんですよね。
Switchの液晶保護フィルムを付ける第一目的がドック傷の防止だったりします。

邪魔な理由も説明したところで、最初はここ切り取っちゃえばいいじゃんと思ったのですが、しっかりと配線が詰まってるらしいと聞き、ちゃんと考えてやらねばという結論に。

ちょうどよいパーツないかなーと思って探したらXCM社が「Smart Dock case」という名前で出してくれてました。
しかも値段が8ドル!とお安い。Amazonだと1400円です。公式で注文すると多分送料かかって同じくらいになると思うので私はAmazonで買いました。
2018-11-11 20.23.32
3000円で出品されてるものもありますが中身同じなので安い方を買いましょう

XCMは海外の非公式ゲームパーツ専門メーカーなんですが、ハード改造大好きなマニアの方々はPSPやDSのガワパーツ、コントローラーのコンバーターなどでお世話になっていたのではないでしょうか。最近は私もめっきり縁がなくなっていましたが、こんなところで再会するとは・・・

取り付けはマニュアルも作って配布してくれていたので特に迷わず進めていけます(何故かワード配布だったけど)

公式のは少し分かりにくかったので、ビギナーにも分かるようここで詳細な解説を入れていきます。
2018-11-11 20.26.30
まずは裏面を開き、ニンテンドー伝統の特殊ネジをY字ドライバーを使って取っていきます。
工具(ドライバー2本)は製品に付属してるので大丈夫です。
Y字のネジは全部で8本あります。
2018-11-11 20.28.25
ネジを取ったあとは引き離すように力を加えると分離できます。
全作業工程において力技を必要とする場面はないので外れにくいなと思ったりしても無理はしないようにしましょう。(だいたい力を加える方向が違うかネジの外し忘れです)
2018-11-11 20.28.55
基板にはLEDケーブルとフレキの2本が付いていますがこちらは基本的に触らずそのまま。
2018-11-11 20.30.16
基板を持ち上げて返すとネジが隠れてるのでプラスドライバーを使って取っていきます。
基板の外側にもネジがあるので合計6か8かな取っていきます。
2018-11-11 20.34.51
ネジを取ったあとはゆっくり持ち上げて前面部と分離させます。
ケーブルの長さには多少余裕があるのですが繊細な部分なので勢いよく引っ張ったりしないように。
2018-11-11 20.35.10
写真中央下部のLEDパーツは持ち上げれば取れます。
ネジをしっかり全部取れていれば優しく力を加えるだけで前面パネルを分離できます。
2018-11-11 20.36.39
2018-11-11 20.36.54-1
分離完了。
2018-11-11 20.39.11
比較してみる。前面を覆う部分はカットされつつちゃんと連結に必要なネジ穴部分は用意されています。
2018-11-11 20.40.32
本体に取り付ける前に、古い前面パネルから白い受光部パーツを移植しましょう。ハマってるだけなのでドライバーで押し上げれば取れます。ふっとんでくので無くさないように気をつけましょう。
2018-11-11 20.42.02
分解したときの逆手順で組み込んでいきます。LED基板は欠けている部分が右上にくるようにセットです。
2018-11-11 20.44.46
出来上がりです。撮影しながらだったので15分程かかりましたが、この解説を見ながらやれば5分や10分で出来ると思います。
2018-11-11 20.56.28
ランプ点滅やTVモードでの動作も問題なし!接続部や端子部分への改造ではないので影響が起きるはずもないのですが、失敗する可能性があるとするフレキの破損やLEDの設置ミスぐらいかな。そうそうないと思うけど。
2018-11-11 20.59.19
これで充電しながらテーブルモードでプレイできる!と思う人がそれは勘違い。ドックに接続し充電中は強制的に画面OFFになるし、半分以上カットされたとは言え画面下部は少し隠れるので無理です。
そういう目的での改造ではないのです。
2018-11-11 21.00.15
こんなに痩せ細ってしまって・・・・

しかしこれでSwitchを置くのがすっごい楽になりました!

置くたびにクソみたいな構造だなー欠陥だろこれはぁあああああああ!とイライラを感じていたのですがこれでストレスフリーに!
同じくイライラしている方や改造好きな方にオススメな逸品でした。