15
最近全然Vitaで遊んでなかったので久々に弄ってみる。

スマホやタブレット向けにMoonlightというアプリがあるんですが、これをVita向けに有志が移植してくれたので試してみました。

導入手順 他サイト様を参考に
PSVitaにMoonlightをインストールする
Moonlightを使用するために開放しなければならないポート番号と設定に関して

紹介サイトはかなりあったものの使用感についての報告が全然なかったのでどんなものかなとワクワクしながら導入・・・

31
アプリを導入して起動してみるとインストール済みゲーム+Steamの項目が現れます。
ゲームを選ぶと直で起動できるのですがSteamを選ぶとどうなるのか?
05
BigPictureモードという簡易操作に特化したUIのSteamアプリが起動されます。
アナログキーで操作できるのでキーボードやマウス要らずなのが利点でもあります。
49
ライブラリやストアを眺めてインストールや購入など基本操作に対応。
この時点で若干操作にモタツキというか40msぐらいの遅延を感じており、もしかしたらVitaのスペック不足かアプリが未完全なのかな?と思ったのですが
57
ストリーミングの設定が「フルHD+60FPS」になってたのが良くなかったみたい。
家の回線速度には自信があるほうだけど、それでも高画質のストリーミング伝送はデータ量が多くなって遅延の原因になるからね。
そもそもVitaの解像度限界がMAXでも「960x544」なのでそれ以上の設定は無駄!また、60fpsもデータ転送量増加の負担が大きくこのままにしておくとブロックノイズと遅延が大きくなるのでこちらも変更する。
35

推奨設定は 解像度 960x544 / FPS 30 /Bitrate 1000

ゲームによっては若干変えて良いと思うけど、殆どのゲームはこれで良いと思う。

ここまで落とすとストリーミングプレイもほぼほぼ遅延を感じないレベル(体感10ms以下)にまで落ち着き実用できる段階に。あんまり画質下がるとあれなのでBitrateはもうちょい上げてもいいかも。

格ゲーやFPSなどはミリ秒単位での遅延の影響を感じるのでちょっと厳しい。アクションやアドベンチャー、ロープレやノベルゲームなどでのプレイが推奨かな。アンダーテールは全然いけた。

まとめると

・スマホやタブレットと違って標準で操作性抜群のスティックとボタンが付いてるVitaでこのアプリが使えるのは追加投資不要なのでありがたい。
・ゲームの処理は母艦PCが行うのでどんな重いゲームでもVitaで遊べるようになる。
・GPDWINやSMACHZのような高価なデバイスに頼らなくてもSteamを寝ゴロプレイ&ポケットに入れて持ち運び可能に。
・ストリーミングの壁というべきか遅延の壁は健在。設定を落としてもシビアなゲームは実質非対応。

番外的な使い方としてゲームを起動しなければWindows画面のミラーリングも出来るので、Steam以外のゲームやアプリを扱うことも出来る。
海外勢はプラグインでWiiコンをVitaとペアリングしてWiiエミュでマリオ遊んだり好き放題やってたりしており工夫次第で伸び代がありそうなMoonlightアプリでした。


PlayStation Vita Wi-Fiモデル グレイシャー・ホワイト(PCH-2000ZA22)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2015-09-17)
売り上げランキング: 202