ps4-wallpaper-800x445
ゲームのDL速度や、マルチプレイでの安定動作のためにする設定としてポート開放などがありますが、合わせてやっておくことで更なる速度の向上が図れる”DMZ設定”というものがあるのはあまり知られていません。お金もかからず5分程度で設定できるのでPS4ユーザーの方は是非設定しておきましょう。

最初にDMZ設定とは何かを説明すると、ポート開放と同様にセキュリティレベルを落として回線速度の向上を図る方法の1つです。危ないのでは?と思うかもしれません独自OSが使われているゲーム機に対して設定をする場合に限り危険はあまりないそうです。とはいえPSNの方がハッキングされた場合はそちらから不正な侵入をされる可能性もあるそうなので自己責任でお試しください。
■不正アクセス DMZやポート開放は大丈夫でしょうか(参考記事)

では、設定方法の解説へ。
PS4本体メニューから【設定】→【ネットワーク】を開きます。
10
すぐに設定をしてもいいですが、まずは今の設定でどの程度速度が出るかチェックするために診断をしてみます。
27
ダウンロード速度は約300 Mbps出ていました※一応数回やった中での最高値を掲載しています。
13
【インターネット接続を設定する】を設定した後に接続方法を選択。どちらを使っていてもDMZ設定は出来るのでWi-Fi派の人も有線派の人も御安心を。
18
カスタムを選択します。
23
IPアドレス設定は手動
45
IPアドレス       192.168.0.200
サブネットマスク    255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.0.1
プライマリーDNS    192.168.0.1(デフォルゲートウェイと同じ)
セカンダリーDNS    0.0.0.0(初期値のまま弄らない)

または

IPアドレス       192.168.1.200
サブネットマスク    255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ 192.168.1.1
プライマリーDNS    192.168.1.1
セカンダリーDNS    0.0.0.0(初期値のまま弄らない)

IPアドレスの部分の末尾は三桁にするのが推奨です。末尾手前の数字はデフォルゲートウェイと合わせますが、0か1かは環境によって異なります。PCで同じ回線を使用しているならコマンドプロンプトを開き【ipconfig】と入力したあとにEnterでデフォルゲートウェイの数値が分かると思います。
48
MTU設定は【自動】を
01
プロキシサーバーは【使わない】を選択
05
一通り終わり、いざ診断といきたいところですが、この画面では✕ボタンを押して一旦戻ります。先程設定した内容は自動保存されているので問題ありません。PS4は一旦ここで電源を落とします。

続いてPCを使いDMZ設定を行います。
http://192.168.1.1/】または【http://192.168.0.1/】からルーターのIDとPASSを入れ管理画面に移行。
ここからの手順はルーターのメーカーによって差異がありますので各社の解説ページを参考にしてください。私の使っているNTTのルーターでは下記のように設定していきます。
15
管理画面の左メニューから【詳細設定】→【静的NAT設定】を選択します。
【外部からのパケットをすべて特定ホストに中継する(簡易DMZ)】にチェックを入れ、PS4に先程割り当てたIPアドレスを入力し、上部の設定ボタンを押して反映させます。
PCでの作業はこれだけです。

PS4を再起動し【設定】→【ネットワーク】から接続診断をやってみましょう。
15
私の環境ではDMZ設定前のDL速度300Mbpsから約100Mbpsほど上昇し、400Mbpsになりました。
アップロード速度が若干落ちましたが合計値でみるとかなり上がっているおり、再測定するとDL速度微落ちしてアップロード速度が微上昇したりしていましたのであまり問題なさそうです。

どの程度上昇するかは環境依存なので必ずしも上がるとは限りませんが倍近くの速度に上昇する人もいるので快適なネット環境構築を求める方には設定する価値があると思いますのでお試しあれ。
本記事は、海外のゲーム/プログラミングコミュニティサイトであるwololoフォーラムにて掲載され、月例チュートリアルコンテスト賞を獲得していた投稿を元に作成しました。

参考リンク:How to speed up your PS4's internet connection

【PS4】聖剣伝説2 シークレット オブ マナ
スクウェア・エニックス (2018-02-15)
売り上げランキング: 10