d0e57df0

ザ・エンドですよ。

関連記事
◆ゲーミングハウスに引っ越しました。しかし・・・
◆ゲーミングハウス生活 7日目 退去が決まる!

退去するに至った理由は主に3つ

1.対戦相手がいない

誰も格闘ゲームをやらない。もういっそぷよテトとかなんでも良かったんだけど上達していこうという意思をもってプレイする人はいなかった(泣)
一人用のFFとかのゲームをプレイする人ばかりだった。
すぐ近くに人がたくさんいるのにVSモードにせずにつまんな~いランクマッチを選択するときの苦悩と言ったらもう・・・
普通のパーティーゲーム系だったら誘えばやるかもだけど、それだったら普通に古くからの友人達とも出来るからここでやる必要もないのですよ。
私も他の住人のソシャゲ趣味とかには合わせることができなかったから、誰が悪いわけでもない。
ただ、麻雀とか誘っても遊んでくれなかったのは心底悲しかったね。(断固お断りしますみたいな感じで)

2.誰も呼べない、呼んでほしくない、呼ばれたくない。
一応管理人からはゲストを呼んでも平気だよという許可は頂いていたものの呼べなかった。
なぜなのか?
それは1LDKのすご~い狭さだったから。

仮に招こうものなら
住人視点→同じ空間にやかましい奴らがいる→超迷惑
ゲスト視点→赤の他人が近くにいるのでとても気まずい
ということになります。

この2つは解決手段がちゃんとあるんですよ。
1つ目が個室。壁が薄かろうが空間が違えば多少音が聞こえても許容範囲に収まるので、どちらから見ても解決。
2つ目が共通の趣味で混ざれること。混ざれれば輪となるのでみんな楽しく解決。

見学の時点で1が叶わないのは知ってたから2になればいいなと思ったんですが目算が甘かった。
誰も私と共通趣味のゲームをやらない。共通趣味の人も住人として入ってこない。

3.じゃあ一人用ゲームをたっぷり遊ぼっか!→無理!
PS4が一台しかないから(笑)
みんなPS4のゲームで遊ぶので取り合い/譲り合いになる。
第三者の存在のせいで、やりたいときにゲームやれないのは辛いです。
他の人がプレイしているものが見てて楽しいものだったらまだ良いんですが、先述の通り趣味合わずなので、ただただつまらない日々が続く。

その僅かなプレイをするときも65インチのTVで大音量・大迫力というわけにもいかず
イヤホンやヘッドホンの使用が推奨される。(周りへの配慮で)
私は聴力が若干弱いので耳を痛めるイヤホンやヘッドセットは極力控えるようにしたいため、かなり絞った音量でスピーカーでプレイしていましたが窮屈感がありました。
一人だけガチャガチャバンバンするアケコンでプレイするのも、なんだか気不味さがある(勝手に私が思うだけかも)から終盤はろくに格ゲーやんなかったね
不満は他にも書ききれないほどの理由がいっぱいあります。
(準急すら止まらぬ弱小駅、30分に1本の各停を使うしかない・・・風呂がドラム缶並に狭い・・・快適に勉強できるところがない、寝室一緒なので寝言寝息足音が煩い等など)
それでも、そんな細かな不満点なんて楽しければ全部解決だったんですよ。でも・・・・

諸々の事情で退去決定!

6月末まで済む予定でしたが、豆腐メンタルでは耐えきれないため予定を早め本日退去。

実質一ヶ月保ってないよ!(28日と半日でFINISH!)


もうシェアハウスはいいかな・・・・
どんな人と暮らす場合でも、最低でも個室は必要だと思ったね。
個室ないとタコ部屋だよ・・・一人が病気持ってきたら隔離も回避もできないから詰みでしょ。

そもそもシェアハウスの大きなメリットは良い物件の高い家賃を分割して(住人数で)
安く済ませて気持ちよく済み同じ住人と楽しく過ごせることなのに、
住んでて楽しいことも快適なこともなかったんだから
そりゃ家賃目的以外で住む意味ないっすよねって話です。
存分にゲームに浸る環境を選んだつもりが何故か何一つ望みが叶わず、制限と縛りだらけの日々になってしまったというオチでした。

~完~