hatsune_miku_arcade_stick_template_by_priestlyninja-d7rq60e

以前紹介した、padlightですが、自作スキンの導入が簡単だったので紹介してみます。


関連記事
■コントローラーの入力をリアルタイム表示させる「padlight」の使用方法解説

大雑把に分けてスキンの作り方には2つあります。

メイン画像の上に別途用意した画像(ボタンの点滅画像)などを場所指定して表示させるか
メイン画像の上にボタンを押した後用の差分画像を重ねるかです。

前者は場所指定をするのがけっこう大変だと思うので私は後者で作りました。
後者のパターンで作ると同時押しした時に、後に押したボタンの分だけしか表示されないので、EX技やボタンタメ技を使うときの入力が分かりにくいというデメリットもあります。

本当は、壁紙を作るとこからやりたかったけど、良さげなを作ってた人がいたのでこれを元に制作。
http://priestlyninja.deviantart.com/art/Hatsune-Miku-Arcade-Stick-template-469833710
hatsune_miku_arcade_stick_template_by_priestlyninja-d7rq60e
画像編集に使ったツールはGIMPだけです。

ボタンONに使えそうな上ボタンの部分をまずは切り取って
on
これを各ボタンに合わせて作り、同階層のフォルダに保存していきます。
221
フォルダ内にあるskin.iniをテキストエディタで開くコードが書いてあるので、これを編集しサイズ指定や場所指定を行います。

Positionのところは、メイン画像の半分の数値を入れておくとぴったり真上に重なってくれます。
[General]
File_Background=main.png
Width=780
Height=480
Animationwait=1
Naname=1

[Up]
File_Push=up.png
Position=390,240
Size=780,480

[Down]
File_Push=sita.png
Position=390,240
Size=780,480

[Left]
File_Push=hidari.png
Position=390,240
Size=780,480

[Right]
File_Push=migi.png
Position=390,240
Size=780,480

[UpRight]
File_Push=migiue.png
Position=390,240
Size=780,480

[UpLeft]
File_Push=hidariue.png
Position=390,240
Size=780,480

[DownLeft]
File_Push=hidarisita.png
Position=390,240
Size=780,480

[DownRight]
File_Push=migisita.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button1]
File_Push=batu.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button2]
File_Push=maru.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button3]
File_Push=l1.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button4]
File_Push=l2.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button5]
File_Push=r1.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button6]
File_Push=r2.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button7]
File_Push=sankaku.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480

[Button8]
File_Push=sikaku.png
File_Free=off.png
Position=390,240
Size=780,480
終わったら上書き保存。使用する画像はskin.iniと同階層に置いておく必要があります。

Hitbox用のskin.iniファイルのベースがあったので数値とファイル名を変えるだけで済んで楽でした。
他のスキンの場合でも各種スキンのフォルダ内ファイルを参考にして差し替えれば簡単に作れるでしょう。

しかし作っては見たものの、今回のは仕上がりはいまいちと言うか、普通のHitboxスキンのほうが分かりやすい(同時押し表示ができる)という結論に至り今後自分で使う予定はなし。

誰も使わないと思うけど、一応置いとく。
■Mikubox Skin

画像探しの旅をしてるときにキャサリンのスキンを見つけました(笑)
https://forum.speeddemosarchive.com/post/sharing_my_padlight_skin.html

普通のアケステ用を作る際は、レバーを倒した方向を表現する際にどうするべきなんですかね。
レバーを倒す画像じゃなくて、倒した方向が光る(ように見せかける)画像とかを作るのが一番いいかなー。