スクリーンショット (163)
Steam版で2個目のスト5を買わずにサブ垢を使う方法について

必要な物
①ストリートファイターⅤ購入済のSteamアカウント
②サブのSteamアカウント

余談ですがSteamのサブアカウントを作るためのメールアドレスがないときはgmailの場合〇〇〇〇+1@gmail.comと+数字を入力することによって1つのメールアドレスで複数アカウントを作れます。これはほかのサイトでも使えるので便利


家族間でSteamライブラリを共有するファミリーシェアリングを利用します。

まずスト5を購入したアカウントでログインしてインストール
 
スト5をインストールしたマシンにサブ垢でログイン
 
ログインするとメインアカウントのスチームライブラリが自動で読み込まれるのでスト5をクリック
するとアクセスリクエストが送信できるので送信しましょう。
スクリーンショット (165)
スクリーンショット (167)
スクリーンショット (168)

 

Steamガードを有効にする必要があります。とポップアップが出た場合はアカウントのメール認証をしてから再ログイン
スクリーンショット (166)


アクセスリクエストが送信されるとメインアカウントのメールアドレスにリクエストが送信されるのでアクセスを許可をクリック
スクリーンショット (169)
 

これでスト5を購入してないサブ垢でスト5を起動できるのですが、このまま起動するとメインアカウントの オフラインに保存されているデータ(バトルセッティング、ストーリー、トライアルの進行度等々)がアカウントを切り替えるたびに消えてしまう上に毎回チュートリアルから始まって鬱陶しいのでWindowsのユーザーを増やしてサブ垢を隔離するなどして対策を取りましょう。

Windows10の場合は
設定→アカウント→家族とその他のユーザー→ 追加するユーザーがメールアドレスを持っていません→Microsoft アカウントを持たないユーザーを追加する
と進んで行くとMicrosoftアカウントを作らずにローカルなユーザーを作成することができます。
 
 

この記事を書いた人:イオリ(@iori666sfv)

このエントリーをはてなブックマークに追加