f3fd76d8
まるで毎月買うものみたいに例える冗談はさておき、久々に新しいアケコンゲットしたのでちょっとだけフォトレビューしちゃいます。

もう余るほどに持っているため、本来は不要なのですが、見過ごせないほどの逸品が流れていたため買ってしまいました。

01
Xbox One用のAtroxです!
現行機種向けにはRazerが出している唯一のアケコンですね。
刃とVLXを除くと一位の重量なのでヘビーなのが欲しい人にはおすすめですね。
来年にはPS4向けが出るとの噂もありますが、はたしてどうなることやら。
42
なぜこれが逸品なのかというと、まず中身が素晴らしい。
Atroxをベースにし、RAP,HAYABUSAを組み込んだ改造が施されています。
しかも配線が超きれい!どっかの誰かさんのテープとボンドと半田まみれの乗っ取りとは大違いである。
多分、そっち系統に強い本職の人が作ってくれたものなんじゃないかと推察します。

というか冷静に考えるとアケコンからアケコンへの内部移植だから半田とか要らないのかもな~(でもアケコン1個潰す覚悟はできないよ私には)
59
↓裏返し。
50
サブボタンパネルは、ほとんどそのまま入ってて、PS3.PS4.PC切り替えのスイッチも付いてるので使い勝手抜群。

内部にホームボタンがあるってことは天板に付いてる、きのこボタンはなんになってるのかというと、
49
スタート(Option)になっています。一番使うサブボタンなのでたしかにここにあったほうが楽だなと今更ながら気づきました。
そしてロックスイッチが横にあるのでこれを使うとボタンを押しても反応しないようにすることができ、ガチの本番試合で中断負けをしなくて済むようになります。
03
側面のサブボタンはR3とL3になっています。内部でサブパネルから線が引かれてました。

試合中に間違って押しても大抵の場合は機能が割り当てられていないので問題ない感じです。
トレーニングモードでだけ使うことが多いので最適な位置と言えるでしょう。
19
ケーブルのコネクタはデフォなのかな?(改造前を見てないから分からん)
49
画像では伝わりにくいですがカッコイイです。

とまあ手間をかけてつつも丁寧に作られたと思われるPS4対応Atrox。
外装・内部ともに状態も良くワンオーナー品であることが伺えるこのアケコン、ゲットできてラッキーでした。

HAYABUSAが1万5000円、箱ONE対応Atroxが2万、掛かったであろう手間賃で一万円と、本来は手が届かない品だったのですが、掘り出し物価格でした。
別に転売目的ではなく、Razer製品が大好きなんで素のままで手に入れること考えつつ、時々検索して探してたんです。
そんな折、実用化(PS4化)してくれた状態で売ってる人がいてて本当によかったー!大事に使います。
Atroxは一度手放してしまってから本当に後悔してたんです。

そういや秋葉原のRazerストア行ったときにアケコンは並んでなかったなー。
国内でXboxOneが売れてないから、日本向けにはあまりAtroxを売る気無いのかもしれませんね。
PS4対応版が出れば店頭に並ぶことは間違いないと思いますが。