FEwhite

買い替えをせずに安く済ませるのが本来の目的なのに私財をつぎ込んでたくさん作業してきました(笑)
でもHitboxにハマってるから制作したアケコンは動作確認後一切自分で使ってないんだ・・・・(勿体ない)

必要以上に経験を積んで情報を集めてしまった今、改めて乗っ取るべきアケコン、つまりは過去ハード向けに出ていた名アケコン紹介をしてみます。
持ってたら改造を検討する程度にして、わざわざ乗っ取るようにアケコンを買う必要はないと思います(笑)
私は刃買いましたけど・・・

では主観に基づく順位順で紹介!

6位、リアルアーケードPro.N3 SA
001

Amazon限定ということであまり数が出回っていない隠れた名機。
高級感のあるガワに加え貴重なノワール配置ということでガンダム勢に好まれてるアケコン。
地味にプレミアがついてるため中古価格は、刃以上に高い。

5位、Mad catzのアケコン全部
sim

昔は形も天板イラストも最高だった・・・。
今はもう私のストライクゾーンを外れるものしか出してくれないので古いものにしか興味がでません。(TE2ライバルズが少しだけ欲しかったというのは内緒)
そんな中での一番のお勧めはやはり上記画像のウメハラモデル。高価なパーツを使った静音仕様なうえに見た目が素敵すぎる。
参考
→[乗っ取り]マッドキャッツの古いアケコンをPS4に対応させてみる

4位、リアルアーケードPro.VLX
img_top
最高のアケコンと名高い3万コン。
中古でも未だに高いのは人気の証拠か。
とうとうPS4でもデザインを変えて発売が決まったため、やる意味は薄くなってしまったのでこの順位。
【PS4/PS3対応】リアルアーケードPro.Premium VLX HAYABUSA

3位、Razer atrox
index
RazerがPS向けに出してくれない以上Razer好きは乗っ取るしかない。
天板開閉機構・程良い重さ・滑り止めシート・高級感など個人的には歴代アケコンの中でも使いやすさ上位に入る。実物を触った人にしかわからない魅力がatroxにはある。
参考
→【前編】Razer製アケコンatroxをPS4向けに改造してみる 分解編
→【後編】Razer製アケコンatroxをPS4向けに改造してみた Horiパッド乗っ取り編

2位、ファイティングエッジ刃
FEwhite

史上最高のアケコンと私の中で謳われてる名機。
よく天板の配置やレバー・ボタンに異論を唱える人がいるがアーケード向けとは異なるコンセプトで作られたものなのでアケ勢に好まれないのは当然といえば当然。
真の欠点は、刃が好きになってしまうと他のアケコンが目に入らなくなってしまうこと。
PS4向けに刃が出ていないので、刃に憑りつかれたユーザーが使うためには乗っ取るしかない!
貴重なノワール配置でもあり、PS4向けにノワールアケコンが出ていない今、乗っ取る価値は充分にあり。
参考
→ファイティングエッジ刃を分解。タッチパネルを取り外すまで
PS4対応ファイティングエッジ刃の完成~♪
PS4向けファイティングエッジ刃制作 その2
PS4向けファイティングエッジ刃制作 その3
好きすぎてたくさん作ってしまいましたねー。

1位、恋しさと せつなさと 心強さと
キャプチャ
長年使い込んで心強い相棒として思い出や愛着のあるアケコン。
捨てたくない、別れたくない、そんなアケコンをこれからも使っていきたいという人は挑戦してみましょう。
といいたいところですが作業に失敗して使い物にならなくなる可能性も少なからずあるので改造レポ記事を読んでもさっぱりな人はやらずに保管しておくべきかもしれない。

基板のおススメは簡単に終わります。
ファイティングコマンダーが一番おススメ。

【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー
ホリ (2015-12-17)
売り上げランキング: 152


PS4→Xinputにスイッチを切り替えてPC用にもできるし入力遅延の面でも優秀な部類に入りL3,R3ボタンの取り付けも可能。
基板も乗っ取りにやさしい作り。3500円程度で入手可能と敷居も低い。
タッチパッドがないのが欠点なので、タッチパッドが欲しい方は少しだけ難度が上がるがFPSパッドプラス(Xinput非対応)を使うと良い。
値段を気にしないならBrook製の基板を買い求めてもよいかもしれない。
参考
PS4向けアケコン基板のまとめ