43

EVOにも採用されたので、ポッ拳用のアケコンを自作しようと思いガワ兼乗っ取り基板の調達として買ってみました。

12
8ボタン+ホーム+オプション+シェアに、PS4⇔PS3の切り替えスイッチ付き
無駄のない最小構成ですね。
00
横幅は普通のアケコン40%ぐらい。重量は約500グラム。
普通のアケコンが2kg~3kgぐらいなのでかなり軽いです。
07
厚みも半分といったところ。
このため三和ボタンに換装などは物理的に不可能です。
(ボタン換装後にファストン端子を挿すと天板が閉められないため)
19
申し訳程度の滑り止めがついてますが、軽さと小ささが相まって
激しい操作をしなくてもアケコンがふっとんでいきそうになります。
投げキャラとか絶対無理

悪い事ばかり書いていますがレバーとボタンの使い心地は意外にも悪くなくPS4のアケコンで世界最小ということもあり小さなカバンなどにも収まり持ち運びやすさはナンバーワンかもしれません。
また収納スペースはありませんがケーブルは2.5mと充分な長さがあります。

個人的には気に入ってます。4000円台ということもあり値段相応の品なので文句は特にありません。

53
天板の広さはDVDやゲームのパッケージと同じくらい。
キャプチャ
PCでもUSBコントローラーとして認識されるので使用可能です。
14ボタン表示されてるので、L3.R3.タッチパッドボタンもありそうな基板なんですが半田接点がないのでボタンを作ることはできなさそうです。

47
底板のねじを外すと基板とご対面。
アーケードマックスに似たつくりですね。
レバーは普通のアケコンのものと同じような手順で簡単に取れるんですが基板がネック。
16
半田でボタンと直結させられてるので頑張って半田を溶かす必要があります。
溶かしつつボタンから離れるように持ち上げる必要があるので、両足でアケコンを固定して左手でペンチを持ち基板をつかみあげながら右手で半田ごてを持つという、ようわからん状態で作業して分離させました。
26
ホーム等のボタン部分は基板が別になっていますが、こちらはねじを外すだけで取れます。
41
これまた乗っ取りやすそうな基板ですね。

ここまでくると、もう元には戻せません(笑)


乗っ取り目的で購入するならファイティングコマンダーの方がよいと思います。
あっちのほうが絶対楽。L3,R3もあるし、Xinputにも対応してるし安い。

こちらのメリットはガワとボタン・レバーが手に入ることなんですがどれも流用する価値なし、というかできないので基板以外はポイしちゃいました。(もったいないけど、どう考えても使う方法が見いだせなくて)

ポッ拳用自作アケコンのガワとしてこれを使おうと思ったんですがプラン崩壊(-ω-)/
代わりのを探さなくちゃなー。

【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー
ホリ (2015-12-17)
売り上げランキング: 283

【PS4/PS3対応】ファイティングスティック MINI4
ホリ (2015-11-26)
売り上げランキング: 1,027