47
旧機種のアケコンで乗っ取りのしやすさを比較すると大雑把ですがRazer>Hori>madcatzって感じです。
マッドキャッツのはホントにめんどくさくてやりたくない。

と思ってたんですが、すごく状態の良い初代TEを友人が持ってきてPS4アケコンくれっ!と言ってきたのでV隼とトレードしてあげました。(換装したクリアボタンが気に入ったらしい
ふと湧いてきたきたTEですがXboxも持っていない今、このままにしておいても置物なので乗っ取りしちゃいます。
一度は乗っ取りして手放したTEなんですが今度は記事にしながら作業してみるとします。

TE2は全然好みじゃないんですが初代TEは全部大好きな私です。
底板にねじもありますがTEは天板の六角だけ外せばOKです。

01
パッと見きれいなんだけど・・・・
33
なぜかこの頃のマッドキャッツアケコンは赤いボンド塗りまくり
ねじ穴すらつぶしてるので分解が大変。
41
※前回の記事で制作したファイティングコマンダー4基板を使う。
L1.L2.R3.L3の配線も作ったけど今回は割り当てはしないのでマーキングして邪魔にならないようにしておく。

47
ホームボタン・シェアボタン・オプションボタンなどの割り当てもしっかりやってから
パッキンで包んで下部の隙間に入れる。
内部はこれで終わり。
03
天板は純白を目指して全部白ボタンにしてみた。
アーケード基準の6ボタンにするためにL1.L2の位置には三和製の目隠しキャップを取り付け。
38
初めて使ったんですが中々面白い商品。一個180円。
天板の色にも合うし低めなので邪魔にならない。すばらです。
24
ケーブルもちゃんと収納できるよう組み込み。
17
もう手慣れたものであっさりと完成してしまい達成感は微妙(笑)
8ボタンどころか12ボタン使いの私としては使う予定ないので動作確認して箱に戻して押し入れへ。

ついでにコレクション保管してたMad Catz Arcade FightStick Versus Series SH (静音) も基板交換。
15
このアケコンいいですよ。形も重さもデザインもすべて良い。
欠点は静音パーツ搭載のため値段が高いぐらい。
個人的にはマッドキャッツの歴代アケコン1位に輝く。

もし今TE2が静音パーツ搭載で公式に発売したら35000円は確実に超えるだろうな~と思う。
13
こいつは構造がちょっと複雑で、ボタン・レバーの交換だけなら天板か底板、どっちかを取るだけでいいんですが、基板交換するためには両方外します。さらにケーブルを収納ボックスに通すためには側面以外、全部のねじを取ります。
45
基本的には前までの記事で書いたのと同じ流れ作っていき、難しいのはホームボタンの配線くらい。
なんとか探して見つけたのが画像のポイント。
PSボタンはこんな感じで半田付けして配線すると天板のホームボタンとリンクできる。
47
基板は無印ファイティングコマンダーを使いました。
前半と同様にL3.R3作ったけど割り当てボタンないので端によけとく。
14
PS4で動作チェックしたら箱入りし押入れへ。
壁の薄いアパートとかに引っ越すことになったら出番もくるだろう。
もしくは必要とする人が現れたら譲るかな。
また前みたいにTwitterで放出するのもいいかもね。

それにしても2個一気にやるのはさすがに疲れる。
数をこなしてきたこともあって、初心者セットで購入した半田ごてもこて先がダメになってきました(笑)


PlayStation 4 グレイシャー・ホワイト (CUH-1200AB02)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2015-06-29)
売り上げランキング: 32