51
折角Xianに憧れて購入したのにXbox360を手放してしまってから置物状態のRazerアケコンatrox。
使い心地はもしかしたら一番かもしれない名器なんですがいかんせんPS4に対応していないのが痛すぎるので使いドコロがあまりない・・・。
たまーに変換器使って無理やり使うか、PC版のゲームやるときぐらい。
そのうち基板が手に入ったら乗っ取りに使おうかと検討中。

基板交換のために構造把握しておく必要があるので、分解ついでに天板も変えちゃおうと決意。
28
17
天板6箇所の固定ネジは裏から外します。
天板は、本体とクリアパネルの間に用紙が入ってる単純構造です。
用紙のサイズは37.8cm×22.9cmでした。
A4以上A3未満なのでA3サイズ1枚印刷してくれば作れそう。
ネットプリントを使いました私は。
58
テキトーに拾ってきた赤セイバーと白セイバーの画像を使おうと思ったら・・・・
14
天板の穴で顔が見切れちゃう・・・・
(ちゃんと考えて選ぶべきですね。)
24
気を取り直してまた2枚印刷。
PC上で見るのと実物では結構変わってくるのもあるので。
悩んだ末に右のに決定。
05
いつもはナイフ一本で済ませちゃうんですが今回は新しくコンパスカッターを使ってみました。
別になくてもできるんですがラクしたいのと、ついでにやすかった(296円)
38
ボタンの円形部分を切り取るのがすごい楽です。ナイフより全然綺麗。
ただネジ穴部分は小さすぎるためギリギリ使えず・・・・
ネジ穴部は結局ナイフでやりました。
08
天板ついでにボタンとレバーも新調。
HAYABUSAから持ってきた隼レバーと新玄ボタンを使います。
レバーボールも天板に合わせてクリアブルーをチョイス。
41
ここで1つ問題発生。(画面中央部)
三和レバーより少し大きいためプラスチックパーツ部分に部分に引っ掛けって取り付けられない。
13
1つ1つネジを取っていってもよかったが、めんどうなのでラジオペンチでもぎ取ることにした。
特になくなっても支障がない部分なのでまあよし(笑)
33
現行モデルのRAP.HAYABUSAから搭載されている新玄ボタンは
既存のものからボタンの高さが低くなり角も丸くなっているのでスライド入力しやすくなりましたね。
表面の塗装も代わり、ざらつきのある漆塗り風?になりました。
好みは分かれそうですが、私的には新鮮で面白いし、使いやすく感じてるのでお気に入りになりそうです。
これで春麗の大P百裂やディカープリの中足ダガーで指を痛めないで済みそう。
51
そんなこんなで完成!!
見飽きていた緑の天板から一転、ちょっとおしゃれなブルーに変身しました。
ホントはMad Catz天板にして3社コラボアケコンにしようと思ったのですがピンとくる壁紙が見つからなかったので見送りになりました。

基本的に刃でやったときと大差ない作業だったので簡単でした。

今回の費用は100円ですね。(失敗が3枚で300円・・・・)
atroxのテンプレートがなかったので今回はサイズだけ合わせてプリントしました。
ボタン周りに加工とかしたほうが良いんだろうけどプリントした用紙にズレが起きた時に微調整できなくなってしまうので悩みどころなんですよね。

あとは基板を入手して中身をPS4仕様にすれば前線で活躍できそうです。

Razer Atrox Arcade Stick for Xbox 360 【正規保証品】 RZ06-00730100-R3M1
レイザー (2013-05-30)
売り上げランキング: 34,458