FEwhite

PS4対応アケコンとパッド+αのまとめ。
正式対応している日本国内のものだけでなく非公認のオーダーメイドコントローラーまで世界中の対応商品の情報を網羅しています。

Xbox One向けのまとめはこちら
→Xbox One対応アーケードスティック&コントローラーのまとめ

基本的に上の方に新製品を追記しています。
更新履歴
2017年 1月 24日 鉄拳コラボアケコンを追記。
2017年 4月 30日 BFA、スライムコン、RAP.N Hを追記。
2017年 6月1日 新製品のコントローラーを5種追記
2017年 9月8日 太鼓の達人コントローラーなど7種を追記
2017年 9月8日 ファイティングエッジとホリパッドミニを追記

0.諸注意
1.Hori
2.Mad Catz
3.その他
4.パッドコントローラー
5.海外製
6.機能・パーツの差異について
7.遅延について
8.おススメは?

0.諸注意

PS3/Xbox360 で今まで使えてたパッドやアケコンはPS4では互換性がないので使うことが出来ません。”PS4専用”のものが必要になってきます。
つまりPS4で格闘・シューティングゲームなどをやりたい人は以下のアケコンを 購入するか変換器を購入するかPS4のパッドコンを使うしかありません。

※例外としてソフトに独自のドライバが組み込まれている下記PS4タイトルのみゲーム中でPS3のアケコンが使用可能です。
THE KING OF FIGHTERS XIV
GUILTY GEAR Xrd -REVELATOR-
GUILTY GEAR Xrd REV 2
ストリートファイターV
ウルトラストリートファイターⅣ
スカルガールズ 2ndアンコール
モータルコンバット
恋姫†演武
BLAZBLUE CENTRALFICTION
鉄拳7
ガンダムバーサス

DOA,アーケードアーカイブスなどのその他PS4タイトルは基本的にこのドライバが未搭載です。
※ガンダムバーサスは体験版にて対応していたので製品版にもおそらくドライバが実装されるとおもれれる。

スカルガールズを開発したLab Zero Gamesがソフトメーカーに提供しているドライバなのでユーザーが各自提供させるドライバではありません。ソフトに組み込まれています。

PS3アケコンをPS4で使用する際は以下のようなデメリットがあります。

・PS3アケコン側は強制的に1Pになる
・ドライバを通すことによる微遅延の発生(切断は起きない。わずかながら入力遅延が増加)
・ゲーム内で操作が可能になるだけなのでホーム画面の操作などは不可能
・PS3アケコン一台につき純正パッドのDS4が1台必要。認証に使う。
・PS3アケコン二台で対戦する際はDS4も2台必要。電池が切れたらアケコンも切断される。

・ホームメニューを経由したシェア関連の機能や、対戦招待のメッセージ機能などが使えない。
(認証用に使ってるパッドでも1P扱いでの操作ができるのでパッドを使えば一応解決する。)
・PS3アケコンにはタッチパッドやシェアボタンが非搭載なのでこれらサブボタンの機能をフルに使えずホームボタンも使えなくなる。
・同じPS3アケコン2台は認識できない。(型番が違うものならOK)
・ホーム画面での操作はできないのでゲーム起動まではパッド操作で行う。
・トラブル防止のため大会によっては使用禁止の場合も。
・大会によってはDS4が用意されていないので持ち込むものが増える。(忘れる危険も)
・パッドの充電切れ予防のためにUSB接続しておくとポートが1人分で埋まるのでハブが必要になる場面も。

これらのデメリットが気にならなければ新しくアケコンを買い足す必要はないと思います。
ちなみに使い方ですが、ゲーム起動時にUSBポートに挿しておけば基本的にはOKです。起動までの操作はパッドで行います。一部ゲーム(ストVなど)は、ゲーム内のオプション画面からコントローラーの設定をする必要があります。

HAYABUSAやTE2+、オフィシャルパッドコントローラーなどでは、これらの欠点が全部解消されるので、それらを天秤にかけながら購入検討しましょう。

変換器についてはこちらでまとめています。
→PS4の変換器事情  総まとめなど
少し難易度が高いですが乗っ取りという手法もあります


各アケコンメーカーのまとめを始めに言うと
Horiのアケコンは、ほぼHori製レバー・ボタンを搭載しています。保証期間は1年。
ファイティングエッジ刃については開発中とのこと。(2016年のE3で展示されていたので今後に期待)

Mad Catzはアルファを除き全て三和製パーツを搭載。保証期間は90日。
TE2+、TES、alphaの3バリエーションで展開中。※TE2はTE2+の旧型(下位互換)

Razerから出ているパンテラは三和製パーツを搭載。

Venom・マッドキャッツ・HORI・QANBA・RAZERを除く
海外製アケコンはSONYのライセンスを受けていない基板を使っている可能性が高いのでPS4本体のアップデートにより使用不可・あるいは制限がかかる可能性があるので考慮したうえで購入に踏み切りましょう。(対策されても基板アップデートで対応してくれることもあるがPS360+のように制限がかかったまま放置されるパターンも。)


そんなこんなで前置きが長くなりましたが、各社のアケコンについて、一言コメントを付けつつ紹介してみます。

1.HORI

e1
■ファイティングエッジ刃

約25000円。2018年2月発売予定
RAPシリーズと並ぶ形で人気を博している刃シリーズのPS4版。
大きく広がった天板と4kg近い重量により膝置きでも机置きでも安定した操作が行える。
連打機能こそないが、ヘッドホン/マイク端子やタッチパッドボタンも搭載しXinput(PCでの動作)にも対応。
高級感あるアルミプレートを天板に採用し、レバーとボタンにはHAYABUSAユニットを搭載。
上下左右入力をボタンに割り当てられるボタンアサイン機能もあり。
cf5bb0b6-s-300x179

■リアルアーケードPro.N HAYABUSA

約18000円。2017年7月6日発売。重量2.9kgと重め(他のRAPは2.2kg)
ワイド天板に加え、ノアール配置やヘッドセット接続端子、底部にすべり止めシートが採用されている。基板性能(入力遅延評価)はRAP.H(2017)と同等でトップクラスの優秀さを誇る。
■鉄拳7コラボモデル ■ドラゴンボールコラボモデル
3
■リアルアーケードPro.V サイレントHAYABUSA(2017)
2017年夏発売予定。18900円(税別)
 サイレントHAYABUSAレバーの入力範囲/反動の設計値を調整し、コマンド入力精度を向上。 入力関連の見直しを行い、限界まで入力応答速度を向上 製品前面にステレオヘッドホン/マイク端子を搭載しています。純正パッド同様のヘッドセット使用が可能です。 PlayStation4、PlayStation3、PC (XInput) 対応。“サイレントHAYABUSAボタン"搭載。タッチパッド搭載。ボタンアサイン機能、ボタンアサイン機能、レバー機能切替スイッチ搭載。

2
■リアルアーケードPro.V HAYABUSA(2017)
17000円。2016年12月発売。
下記の通常モデルのHAYABUSAとほぼ同スペックながら幾つかの機能向上とデザイン変更が行われている。
オフィシャルライセンスを受けている国内のアケコンの中でヘッドセット接続端子を搭載しているのが特徴。
また2016年以前のモデルに比べ応答速度・入力精度の向上がされ、現在市販されているアケコンの中で最も入力遅延が少ない優秀なものとなっている。
ebd0d929-s
■リアルアーケードPro.V HAYABUSA(通常版)
14000円。2015年12月発売。入力遅延は少なく優秀。
Horiが独自に開発した玄ボタン・隼レバーを搭載。タッチパッド・連射機能も搭載し機能面で問題はない。
PS3/PS4に加えXinput(PCでの動作)にも対応しており値段も手頃なため非常に人気がある。
ゲームメーカーとタイアップしたモデルがいくつか出ており見た目は異なるが下記のものは全て中身は同じである。特にこだわりがなければ一番値段の安い通常版をオススメする。
BLAZBLUE CENTRALFICTIONコラボモデル
THE KING OF FIGHTERS XIVコラボモデル
■東方深秘録コラボモデル 霊夢Ver
■東方深秘録コラボモデル 魔理沙Ver.(Horiストア限定)


5d426ecd-s
■リアルアーケードPro.V サイレント HAYABUSA
基本的にリアルアーケードPro.V HAYABUSAと同等の機能だが、名前の通りサイレント(静音)仕様のボタンとレバーが搭載されている。そのため値段は通常版に比べ少し高め。
家族や近所への騒音防止や、横対戦時にガチャ音を聞く音プレイ対策として役立つ。
静音モデルは通常版とは操作感が大きく異なるので、一度展示品等で触ってから購入をするか判断をするのをオススメする。
静音ではない通常の玄ボタン8個が付属したモデルも出ている。静音が合わなかったときや摩耗してきたときの予備にもなるので、長い目で見るとオトクなセットである。
サイレントHAYABUSA 交換用サイレント玄ボタン8個付属限定モデル
※ボタンの反応が悪い、初期不良品が多いため、リコール対象となった。
購入し不具合を感じたらサポートに送りパーツ交換をしてもらおう(無料)
▲http://www.hori.jp/products/p4/p4_rap_vhs2/

12e118b2-s
■リアルアーケードPro.Premium VLX HAYABUSA
アーケードで稼働中の汎用筐体「VEWLIX」を徹底再現した本格アケコン。
 ”お3万コン”の現行モデル。とても大きくて重たいので持ち運びや膝置きプレイは難しい。
 PC(Xinput)には非対応なのが残念なところだがPS4/PS3でのみ使う予定の人には特に影響はない。
天板が簡単に開くため、メンテナンスに優れている。
入力遅延は黒いVLXより良くなってる模様です。
ff
■ファイティングスティック MINI4
約5000円と最安のPS4アケコン。隼レバー・玄ボタンは非搭載のコストダウンモデル。
とにかく安く済ませたい方はこれでいいかも。かなり小さく軽いので子供用にも良いかも。
しかしながら軽すぎるため本気で格ゲーに取り組みたい人にはお薦めはできない
2017年9月30日にXinput(PC)にも対応したマイナーチェンジ版が発売した。
■ファイティングスティックmini for PS4 PS3 PC
w1
■リアルアーケードPro.4 改 
ブルー、レッド、ホワイトの3色展開。
ナンバリングは4となっているがV.HAYABUSAよりも新しい新作RAP。。
RAP.V HAYABUSAと同様にPS4/PS3/PC(Xinput)に対応したうえで、レバーとボタン間の距離が広くなり、底面に滑り止めマットが取り付けられるなどの機能向上がなされている。
また天板のデザインに合わせる形でアケコン全体の色が変更されている珍しいモデルとなっている。
■9月20日 プレオーダーが規定数に満たなかったため生産中止。お蔵入りに。

国内での発売は見送られたが海外では販売されるているのでどうしても欲しい方は海外通販を使おう。価格は150ドルとなっている。日本への配送に対応しているアーケードショックにて送料70ドルを追加することで取り寄せが可能だ。米Amazonは日本への配送非対応。
■ARCADESHOCK(販売ページ)  ■米Amazon:赤 

erere
■リアルアーケードPro.4 Premium VLX
お3万コンの旧モデル。タッチパッド・ボタンアサイン機能搭載。天板が開くのでレバー・ボタン交換などのメンテナンスがし易いのが特徴。入力遅延が大きい。

erereerererer

■リアルアーケードPro.V 隼
■リアルアーケードPro.Vサイレント隼 (静音)
1つ前のモデルながらも機能面で大きな差はないが入力遅延が大きい。
タッチパッド・ボタンアサイン機能搭載。黒いほうが静音モデル。
erereerererere

■リアルアーケードPro.V4 隼
■リアルアーケードPro.V4 隼 静音
ミッドナイトブルー(色違い)
最初期にPS4向けに出たRAP。入力遅延は少なめ。
現行モデルとの大きな違いはタッチパッド・ボタンアサイン・Xinput機能非搭載なのと形状。
ewewewew
■DEAD OR ALIVE 5 LAST ROUND 対応スティック
基本的にRAP.V隼とほぼ同様ですが、中央下部にアナログスティックが2つ用意されています。
DOAは撮影機能とかあるのでそれ向けだと思われます。DOA以外のゲームを目的に購入を考えている人にはあまりオススメできません。
sasasas
■BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA EXTEND 対応スティック
定価1万円を切るので現状で中々に安いアケコン。
ただし天板に6ボタンしかなくタッチパッドなども搭載していない古いモデルなので注意。
8ボタンゲームやるときに困る。

85

■リアルアーケードプロ.4 改
海外でHORIが最初に出したPS4向けアケコン。
HORI製ながらも国内未発売品なので海外通販で手に入れるしかなさそう?

RAP.V隼に滑り止めシートなどが付けられたマイナーチェンジモデルかと思います。


2.Mad Catz

Mad Catzの代表的なアケコンであるTE2シリーズは天板が簡単に開きボタン・レバーのカスタマイズが容易なのが特徴です。また天板イラストの差し替えなども簡単に行なえます。

メーカーとコラボしたイラスト入りフェイスプレートや、ノアール配置にするカスタム天板やボタンを光らせるLEDパーツなどを公式が販売してくれるので自分好みのアケコンに仕上げることができます。
TE2 アケコン用オプションパーツ・トップパネルキット・タイプN
TE2 アケコン用オプションパーツ・LED基板
■アーケード ファイトスティック メッセンジャー

■オフィシャルフェイスプレートまとめ

また三和製レバーとボタンを採用しているので今まで同社のものを使っていた方はすぐに慣れることができるかと思います。
e22
■アーケードファイトスティック TE2+(鉄拳7モデル)
Mad Catz倒産によりおそらく発売されることはなくなった。

q1
■アーケードファイトスティック TE2+(オリジナルモデル)
5月26日発売予定。29800円 PS4/PS3/PCに対応。
白黒を基調としたデザインとなっている。入力遅延が少なく評判が良い。
重量感と高級感を兼ね備え、天板がワンプッシュで開閉出来るためメンテナンス性に優れている。
初期不良が多くレビューの評価は悪いがサポートに連絡すれば交換してくれるので安心しておこう。
TE2の機能はそのままに、タッチパッド・L3・R3ボタンを追加したバージョンアップモデル。
TE2の頃はプラ板のような質感の天板が採用されていたが現行品は全てアクリル製なので手触りは抜群に良くなっている。
wefwefwefwefwefw
■アーケードファイトスティック TE2+(ストVコラボモデル)
29800円 PS4/PS3/PCに対応。天板イラストはストVパッケージのリュウ。
TE2の機能はそのままに、タッチパッド・L3・R3ボタンを追加したバージョンアップモデル。
wefwefwefw
■アーケードファイトスティック TES+(ストVコラボモデル) 
25000円。 PS4/PS3に対応。
TE2+と同様にタッチパッド・L3・R3ボタン搭載。
天板イラストのドクロは、シャドルーのロゴ。
天板の開閉機構がなくなった代わりに少し買い求めやすい価格に
ewewrwef
■アーケード ファイトスティック アルファ(ストVコラボモデル) 
9990円。PS4/PS3/PCに対応。
6ボタンになったローエンドモデル。ボタン&レバーは三和製ではない。
小さく軽い作りのため本気で格ゲーに取り組む人には向かない
天板デザインをMad Catz風にしたマイナーチェンジモデルもある。
■アーケード ファイトスティック アルファ Alpha(オリジナルモデル)
chun-li-product
■アーケード ファイトスティック TE2(ストV春麗コラボモデル)
PS4/PS3に対応。末尾に+の付くモデルと異なりタッチパッドが付いていないため要注意。
春麗モデルは天板にアクリル板が使われているが、以下の旧モデルはプラ版のようなものが使われているとのことで手触りが異なる。
重量感と高級感を兼ね備え、天板がワンプッシュで開閉出来るためメンテナンス性に優れている。

以下は旧モデル。(生産終了品)
65
23
41

販売元のMad Catz社が倒産したため、今後同社の新製品は出ないと思われる。製品サポートと販売は株式会社アタッサが引き継いでいる。

3.その他


bc0862c7-s\
Razer-Panthera ■公式サイト
PS3/PS4に対応。価格は27800円。読み方はパンテラ。
VLXやTE2+などと比較すると天板が開くタイプのモデルの中では最安。
天板開閉機構のおかげでドライバー要らずでボタン交換が可能。
重量感と高級感を併せ持ち、入力遅延が限りなく小さいため人気を集めている。
欠点は天板カスタムが仕様の関係で少し難しいこと。参考リンク
海外ではストリートファイターVとコラボしたデザインのパンテラも販売されたが国内販売が行われるかは不明。※参考リンク
r111
■太鼓の達人専用コントローラー「太鼓とバチ for PlayStation (R) 4」
音ゲーである「太鼓の達人」専用のコントローラー。
少しお得な同梱版も同時発売するので別売りで単品買いするのは、DL版ソフトを購入する方か、2P用になるか。
■太鼓の達人 セッションでドドンがドン! コントローラー同梱版
1212
T-GT Force Feedback Racing Wheel for PlayStation (R) 4
レースゲーム専用コントローラー。
リアル感溢れるレザー仕様の28cmステアリングホイール+メタル製パドルシフト
『グランツーリスモSPORT』専用のステアリング振動システム「T-DFB」を搭載。
014
■PlayStation VR シューティングコントローラー

PlayStation VR専用のPS4用FPS「Farpoint」などのタイトルで使える専用コントローラー。

5474c85f-s
■初音ミク -Project DIVA- X HD 専用ミニコントローラー

DIVAシリーズ向け専用コントローラー。Hori製。
同時押しで斜め入力も一応可能なので他ゲーで使ったりも出来る。
12
■ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4
ドラクエファンなら見逃せないスライム型コントローラー。
バッテリー内蔵でワイヤレス接続にも対応し、インテリアとしても活用可能。

ced
■PS4用互換コントローラ『アーケードスティック4』

使用時にパッドを手前USBポートにさしておく必要などあり、値段も高いことからこれを選ぶ利点は皆無に近い。
efd5b2b6-s
■プロジェクトページ
クラウドファンディングにより資金提供を募っていた通称”メクバルコン”
オート辻や追加ボタンなど独自機能を組み込んだ一風変わったアケコン。
200万円目標のCF未達成によりお蔵入りになった。
asa
■GUILTY GEAR Xrd -SIGN- Arcade Stick(Amazon)
■GUILTY GEAR Xrd -SIGN- Arcade Stick 【専売商品】 - エビテン
ボタンとレバーパーツの大御所”三和電子”とアークのコラボモデル。
PS4向けに出ているアケコンの中で唯一、ボタンがノワール配置となっている。
天板の用紙は差し替え可能なので自分好みのカスタムも可能。
L3.R3などは付いているがタッチパッドは非搭載。
main_28079_300x300
■ぶるらじ スティック
ぶるらじ スティック 6ボタンなので他ゲー目的の方は注意。
とても可愛らしくBLAZBLUEのキャラがデフォルメされた天板。。
ボタン・レバーは三和製。

4.パッドコントローラ

ss
■DUALSHOCK 4(新モデル)
■DUALSHOCK 4(旧モデル)
SONY純正パッドコントローラー。
旧モデルと比較し新モデルの方が値段が少し高い。
しかしながら新モデルは有線接続に対応し限りなく遅延を小さくした安定動作を可能に。
w1w1w1w1
■ホリパッドミニ4(ワイヤードコントローラーライト
純正コントローラーに近いボタン配置を再現したパッドコントローラー。
有線接続のみしか出来ないがタッチパッド機能も搭載しており、約3000円とお手頃なのも嬉しいところ。
6ボタン配置のファイティングコマンダーに違和感を感じる方はこちらを選んでも良いかもしれない。
rerere
【PS4/PS3/PC対応】ファイティングコマンダー
HORI製。格闘ゲームに最適な天面6ボタンで、コマンド入力や同時押しがしやすい配置になっています。
LRボタン切替機能。右手のみで最大8ボタンの操作が可能になります。
安価なので普通のゲームに使うユーザーも多い。
タッチパッドボタンは非搭載。PS3/PS4/PC(Xinput)に公式対応。
q1
ファイティングコマンダー BLAZBLUE CENTRALFICTION Ver

ゲーム内で使えるプロダクトコードが付属し、見た目のデザインが一新されている以外は通常版と同じ。

wqwqwqw
■ファイティングコマンダーPro
HORI製。格闘ゲーム向けパッドだが安価なので普通のゲームに使うユーザーも多い。
左に見える十字キーの角度を微調整できるのが特徴。
2015年に発売した旧モデルは見た目は同じだがXinputに非対応。
■ファイティングコマンダー4(旧モデル)
c2657e67
Fighter's Pad GGXrd Custom
PS4版GGXrdの限定版特典付録。三和電子製。
耐久性がないため通常利用にはあまり
オススメできない。
基板が優秀なため乗っ取りの素材として好まれている。

ewrwerw
■FIGHT PAD.PRO 
7020円 PS3/PS4に公式対応。

sdadsa
Mad Catz製。タッチパッドボタン・スティックを搭載を搭載した格闘ゲーム向けパッド。
レッドブルーブラックホワイトの4色展開。デザインも異なる。
品質があまり良くないようなのでレビュー文を読んだうえで購入検討をしよう。

■【PS4/PS3対応】ホリパッドFPSプラス for PS4

ホリパッド4 FPS ブラック(旧モデル)
旧モデルにはないタッチパッドがプラスモデルには搭載されている。
FPS向けパッド。

21
■モータルコンバットXファイトパッドゲームコントローラ
オフィシャルライセンス品。
機能はファイティングコマンダーとほぼ同一だが、製作会社は違うので操作感などは異なる。。
sds
■SCUF(スカフ)Newタイプパドル グリップ
純正パッドに背面ボタンを追加したカスタムモデル。
■旧モデルはこちら
30459545812_951214ccc9_h
■Nacon Revolution

海外で発売予定。日本で発売するかは今のところ不明。
背面にボタンが追加されている。
28b04717-s
■Razer  Raiju

海外向けに2万円で発売予定。国内での発売予定は不明。
取り外し式の背面パドルが追加されている他、ケーブルも取り外すことができる。
r7
Mars
PS4だけでなくSwitchでも使えるコントローラー。
ゼロ遅延と謳われるほどに限りなく入力遅延が少なくなっているのが特徴。
発売日などはまだ未定。
■ゼロ遅延を実現したコントローラー”Mars”が登場!

5.海外ブランド


w
■Obsidian Joystick
QANBA製。200ドル。
黒曜石のようなデザインでサイドパネルのLEDが通電時に光る。
PC/PS/PS4に対応しタッチパッド・イヤフォンジャックポート搭載。
■トレーラームービー ■販売ページ

キャプチャ
■クリスタルジョイスティック

QANBA製。12月中旬に出荷予定。タッチパッド搭載。
レバーとボタンにLEDが搭載されており使用時に光らせることが可能。
公式サイトにて注文受付中。
■http://qanbausa.com/
6d2bfa76-s
DRAGON
QANBAの出したハイエンドモデル。
開閉式のためメンテナンス性に優れている他、タッチパッドも搭載しているので機能面の不満はなし。
しかし値段は300ドルとお高め。送料も100ドル近くかかるのでよほど見た目に惚れ込まない限り日本で買う人はいないでしょう。
q111
■QANBA製”Drone”

お値段安めの90ドル。重量は1.3kg。
SONYのオフィシャルライセンスを受けている。
レビューなどを見るに、使用者からの評判はかなり良い模様。
販売サイトが日本への配送に対応していないため、転送業者を使う必要あり。
海外アマゾンなら少し安めの79ドルとなっている。
■Qanba Drone Joystick for PlayStation 4(米Amazon)

sdfsdfsdfsdf
■Qanab Q2 GSC Ice White

接続させるとLEDで光るらしい。
PS4で使用する場合は認証用に純正パッドを常時接続しておく必要あり。_SL1000_
■Officially Licensed Playstation Arcade Stick
Venom社製アケコン
アマゾン.ukから購入可能で約13000円
それにプラスで国際送料がかかると思います。
昔のRapやTEのようにシンプルなデザインですね。

e

■Omni Arcade Stick (sanwa) 約200$
三和製パーツを搭載したシンプルなモデル。
Xinputにも対応。
ナスレバーを搭載したモデルも販売中。

キャプチャ

■公館製アケコン(台湾)

価格は本体24000~に送料が5000円。
レバー・ボタン・天板など細かくオーダメイドに対応してくれるのが特徴的。
多分ここが一番細かく対応してくれるところかと思う。
注文方法など詳細は上記の冷血氏のブログからご覧ください
ちなみに基板に何が使われているのかをお問い合わせページより聞いてみたが返答はなかった・・・・・
DS4やFPSパッドプラスが使われているとのことだが出荷時期によって異なるのかもしれない。

erer

■メイクスティックプロ 

価格は18000~35000円程度
韓国のアーケードスティックメーカー ISTソリューション製。

DUALSHOCK4をベースにしているため、有線接続はもちろんワイヤレス接続にも対応。

スピーカーやヘッドセット端子の増設・レバー・ボタン・天板イラスト・重量など細かくオーダーメイド注文ができる。

注文はメールで行います。流れは記事にまとめました。DS4基板は近くに複数台近くにあるとランダム遅延が発生するとの検証報告もあるので目押し要素の厳しいゲームなどには向かないかもしれない。

→PS4アケコンをオーダーメイドしてみる~検討編~

sa
■MDFアーケードスティック 
68,000
ウォン。約7000円
 ISTソリューション製
こちらはメイクスティックとは違い有線版のみの販売。
注文方法はメイクスティックと同じ。
3564545458
■メイクキーボード
ISTソリューション製。98000ウォン。
見た目の通り、キーボードキーによる入力でプレイするコントローラー。
比較的安価なことから韓国系プレイヤー内での需要も高い。
管理人も購入し記事を書いてみました。↓

qq1
■IST製初音ミクコントローラー

DIVA向けの音ゲー専コン。メールなどで問い合わせればボタン配置や天板デザインなどの変更相談にものってくれる。送料除いた本体の値段は15000円といったところ。
注文方法はメイクスティックと同じ。

efefef

■MAYFLASH ARCADE FIGHTSTICK F300

形はHORI製のファイティングスティックに近いですね。

PS4、PS3、XBOXONE、XBOX360、PCとの互換性持ち。

認証用に純正パッドを常時接続しておく必要あり?

6_1024x1024

■Hitbox

PC/PS3/PS4にに公式対応。知る人ぞ知るボタンだけのコントローラー。

レバーが廃止され。上下左右ボタンが配置されている。

同時押しにより斜め入力も可能となっているので格闘ゲームでも使用可能。

公式サイトではないカスタムショップにてフルアクリル製のものも購入可能。

■UFB基板を搭載したフルアクリル製Hitboxが注文可能に

wrwrwrwrw

■VM-4 Silver white PS4

インドネシア製?のフルアクリルアケコン。とてもオシャレ。

お値段は2750000ルピア。約24500円。

持ち運びにそう。ついでに落としたらバリーン!といきそうですね(笑)


以下はアケコンではないが、組み込み用の基板として単体販売されているもの。

機能面でオフィシャル製品を上回るものもあるので紹介。

ewewew
■PS4+ Audio Fighting Board
 

PS3/PS4/PC(Xinput)に対応ハードが絞られた代わりに値段が少し安くなったファイティングボード。サブ基盤が付録されイヤホンジャックポートなどを挿せるようになった。

65ドル(+送料30ドル)で海外通販より取り寄せ可能。

2017年後半からはサブ基盤の端子がTypeBに仕様変更され使いやすくなった。

■https://www.focusattack.com/brook-ps4-fighting-board-with-audio-ps4-ps3-pc/

q1
■Brook Universal Fighting Board | Hori VLX EZ Mod Kit Package – Arcade Shock
VLXにUFBを組み込むための専用KIT。値段110ドル。
海外通販サイトArcade Shockで注文受付中です。
▲RAP.VLX専用カスタムアップグレードKITが登場!

brook-universal-fighting-board-750

■BROOK UNIVERSAL FIGHTING BOARD
UFBと呼ばれるマルチハード対応基板。Xbox One/Xbox360/PS3/PS3/PC/WiiUなどに対応。
アケコンを1つにまとめたい人におすすめ。
入力遅延評価では最高峰の速さを記録している。

68e9cf40
■PS3/PS4 Fighting Board
自作アケコン向けプリント基板。
送料含めて約6000円といったところ。
半田必須なので扱う難易度は高め。
同価格帯で高性能のAFBが登場したため御役御免といったところ。
dwe
■PS360+
 
約7000円。マルチハード対応基板であり、一番入力遅延がないといわれている。
PS3/PS4/Xbox360/PC(Xinput)と動作ハードも多いが、PS4での動作は8分制限ありのでPS4ユーザーにはあまりオススメできない。多くのレトロハードにも対応しているところで評価が高い。
(8分ごとの認証で切断。基板アップデートによる改善対応はいまのところない)

6.機能・パーツの差異について

Hori製アケコンを買おうと検討中の方で三和・セイミツ製を使ってきた方は慣れる覚悟or換装の準備を。
隼(HAYABUSA)レバーや玄(HAYABUSA)ボタンはプロゲーマーのSakoさん監修の素晴らしいものなのですが、既存のレバーとは感覚が少し異なります。
参考
→隼スティックレバー|株式会社HORI

→「隼」レバーはなぜ斜め上に入りにくいのか。(4gamer)

初めてアケコンを購入する人はこの点について気にしなくてもよいとおもいます。

静音モデルは近所迷惑・深夜でのプレイも考えたりしている方におすすめ。
少し高いけども、ノーマルコン購入後に静音化パーツを買う費用・交換の手間を考えれば最初から静音アケコン買った方が良いと思います。

現状HORIからのみ静音アケコンは販売されています。Mad Catzやその他のアケコンで静音化したい場合は別途購入し換装する必要があります。どのアケコンとも互換性があるので使えるかどうかを心配する必要はないと思われます。

静音ジョイスティックレバー(三和電子製)

静音ハメ込み式押しボタン30φ 1セット


”タッチパッド・タッチパッドボタン”について

PS4に馴染みがない方に分かりやすく言うとPS3やXbox360で使われていたSelect/Backボタンに相当するものになります。(セレクトっぽい位置にあるのはシェアボタンというスクリーンショットや配信機能に割り当てられているものでゲーム内では基本使わない)

dfdfd

昔がそうであったようにタッチパッド(セレクト)は全てのゲームで使われるわけではありませんが、使うゲームも多くあります。ストVでは使います。

PS4の本体設定でもボタンカスタマイズは可能ですがタッチパッドの割当ては現状できないので非搭載コントローラーの場合は使うことができません。

※ウル4ではトレモでのロードボタン、ニトブラではトレモリセットなどに割当てられています。他一部ゲームではスタートメニューなどを出す際にも使うゲームがあったりします。


キーアサイン機能について

Horiのアケコンにのみ付いてる独自機能で、配線をイジらずにボタン配置のカスタマイズが可能です。

→アサインモード解説(HORI)

R3やタッチボタンの割当ても可能。

重量ランキング
RAP.VLX 5.4kg
刃 3.5kg
Razer Panthera  3.43kg
TE2+ 3.34kg
VS SH 3.3kg
RAP.N HAYABUSA 2.9kg
TES+ 2,84kg
RAP.V3 2.6kg
RAP.HAYABUSA 2.2kg
Alpha 675g
mini4 500g
重いほど操作時にブレることがなくなり安定しますが、持ち運びが辛くなります。
旧機種のを持っている方が参考にできるよう旧いアケコンの重量も掲載しています。

天板開口機能
TE2やVLXの特徴でもあるこの機能ですがこれがないとボタン・レバーの交換ができないのかというと、そんなことはありません。多少手間ですが底板ネジをドライバーで外しメンテナンス可能です。
参考→
ただ保証がなくなるなどのデメリットもあるので頻繁にカスタマイズしたい人は手軽に扱える開口機能ありの品を買い求めると良いかもしれない。

ビューリクス配置とノアール配置の違いとは?
ボタン配列が異なる。ギルティスティックと鉄拳スティックのみが現在ノアール配置アケコンとして販売されており、それ以外はほぼビューリクス。
どのように違うのかは下記サイトがとても詳しい解説をしてくれているので参考にしよう。
■鉄拳おすすめアケコンまとめ(やーすの格ゲーコラム)

PCでの対応について
HORIのHAYABUSAやファイティングコマンダーなどはXInputに対応しています。
これはMicrosoft提供のXboxコントローラー向けドライバが使えるということで特に面倒なことをすることなくゲームに最適なボタン割り当てが自動的に行われます。PC版のゲームを扱う大会などに赴いた時にもとても助かります。

XInput非対応のアケコンはPCで使えないのかというと、そんなことはありません。
PS4で使えるものは普通にPCに挿すだけで使えるものが多いです。D-inputという形式で認識されます。

ただ、一部のゲームはXinputにしか対応していないため、D-input形式のものを普通には使うことはできません。ですがJoyToKeyx360ceなどのツールを導入し入力をXinputに偽装する形で利用可能になります。

7.入力遅延について

こちらの記事で最新版としてまとめました
→PS4向けアーケードスティック&パッドの入力遅延ランキング 2016年1月23日版

8.おススメは?

いくつもあり迷うかもしれませんが、現在主流なのはHAYABUSA(2017)とTE2+です。

リアルアーケードPro.V HAYABUSAはPS4にPC(Xinput)にも対応しており性能面でも優秀で価格も手ごろなので一番おススメかと思います。HAYABUSA2017年モデルはより機能向上がされているのでよりオススメです。。
少し値が張りますがやマッドキャッツから出ている”ファイトスティック TE2+”と”ファイトスティック TES+”も機能面で申し分ないアケコンなのでこちらも検討に値するかと思います。

最新のアケコンとなるリアルアーケードPro.N HAYABUSAとはイチオシ。使いやすいボタン配置に加え重めの重量とすべりどめシートにより安定動作が可能です。
また、2017年8月に販売開始されたRazer Pantheraも入力遅延が非常に小さくメンテナンス性に優れていることから、トッププレイヤー達に親しまれています。

※リアルアーケードPro.Ⅳや漢字で隼とついてるモデル、末尾に+がついていないTE2などは型落ち故にXinput非対応やタッチパッド機能が未搭載などのデメリットもあるので中古で安く手に入れるためや2P用や予備にといった目的でない限りは最新のものを購入したほうが後々後悔しないで済むかと思います。

MINI4やALPHAなどは1万円以下という魅力があるのですが、非常に軽く小さいため使い手を選びます。
雰囲気だけ味わいたい。
軽さも小ささも分かってて買うんだっていう人以外にはおススメできません。

特別な理由がない限り海外製アケコンも高くつくだけなので、国内向けにHoriかMad CatzやRazerが出しているもの買うのが安泰です。

PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7000BB01)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2016-11-10)
売り上げランキング: 31