Star_Fox_by_nicksnintendo
スターフォックスシリーズはゲームとして現在5作品出ています。

しかし、作られていたものはそれだけではないのです。

「スターフォックス64」と「スターフォックスアドベンチャー」の2作をつなぐ隠されたストーリーを描いた漫画や、クリスタルが主人公のゲーム、開発中止になった「スターフォックス2」など、色々とお蔵入りになったモノなどが多いことをご存知でしょうか。

今回はあまり知られていないスターフォックスの裏側を覗いてみます。
indexスターフォックス~さらば愛しのファルコ~
『スターフォックス64』と『スターフォックスアドベンチャー』の間に起きた出来事を描いている。なんと現在は公式サイトにて無料で読むことができます。
64ページのフルカラー。
とても面白い。64ファンにはたまらない作品。



imagesスターフォックス2
64の発売が近かったために発売中止となった幻のゲーム。未完成のゲームデータが近年ネットに流出したことで存在が明らかになった。どのようなゲームなのかはSTARFOX 2 復活希望同盟で詳しくまとめてくれている。参考幻の『スターフォックス2』、発売中止の理由は?-制作者がついに語る
もしこれが出てたら、スターフォックスはもっと進化していたかもしれない。完成していたというなら是非Wiiウェアなどで配信して欲しい。



imagesダイナソープラネット
スターフォックス アドベンチャーで初めて登場した、クリスタルが主人公。ハードが64でありながら、技術レベルの高いグラフィック。クリスタルのデザインが異なっている。また、本作品とスターフォックスシリーズには話のつながりは一切無い。しかし、ゲームシステムのほとんどを流用してアドベンチャーに使用している。
未発売だがこちらのサイトでベータ版をプレイしている映像が見れる。
アドベンチャーでボイスが英語のままなのは”シューティングとちがって読む余裕がある”という理由からだそうだ。
公開されていたスクリーンショット
dinosaur_planet_profilelargedinosaur_planet_image3dinosaur_planet_image9discovery_falls

















































スターフォックスシリーズが急にスターフォックスアドベンチャーでシューティングからアクションゲームになり、さらに、グラフィックが洋ゲー風だった理由がお分かりいただけただろうか。

アドベンチャーで発売する際にシューティング要素も追加されているが、おまけレベルのような出来で、シリーズファンからの評価は非常に低い。

私は批判するためにこの記事を書いているわけではない。
むしろ購入をオススメしたいと思う。
今なら中古で200~1000円ほどで多分購入可能です。
発売日に購入しクリアまで50時間ほどかかったが、アクションアドベンチャーゲームとして見れば非常に良い出来であると思う。
豊富なミニゲームも全て一切の手抜きなく作られており、レア社がどれだけこのゲームに力を入れていたかを感じさせてくれた。

ゼルダの伝説時のオカリナのような謎解き3Dアクションゲームが大好きな私としては、最後まで飽きずに楽しめることができた。

メトロイド・F-ZEERO・スターフォックスは同一世界であるという説があるそうです。
『メトロイド』と『F-ZERO』には銀河連邦という機関が存在し、どちらも宇宙や惑星を舞台にした未来の物語であり、『F-ZERO』のレースカーや、『スターフォックス』の巨大戦艦グレートフォックス号を同じスペースダイナミクス社が開発。さらに『F-ZERO』のレースカーを空中に浮かせるGディフューザーシステムは『スターフォックス』の機器でも採用されている技術らしいです。

コマンドでもレーサーになってしまう苦笑もののEDがありましたが、あれはきっとF-ZEROのレーサーになったのでしょう。

メトロイドは頻繁に新作が出てるのになんで、
F-ZEROとスターフォックスの出てくる回数は少ないんでしょうかね。